SSブログ
ことだま五七五 ブログトップ
前の20件 | 次の20件

日めくり汀女俳句 №75 [ことだま五七五]

八月七日~八月九日

       俳句  中村汀女・文  中村一枝

八月七日
撫子(なでしこ)も木賊(とくさ)の丈も秋に入る
            『都鳥』 秋に入る=秋
 
 まだ八月に入ったばかりなのに暦の上では立秋。猛暑の最中に秋なんかと思うのだが、
季節の流れは不思議なもので、その辺を境にして朝晩の空気の流れが変わっていく。高原
や山ではひそやかな秋を感ずることが多くなる。
 夏の山花の代表と言えばヤナギラン。華やかな色合いの少ない山では、濃いピンクが目
立つ。オカトラノオ、クガイソウ、シモツケ、ウスユキソウ、どれもひっそりしたたた
ずまいがいい。間もなく松虫草が薄紫のたおやかな姿を見せる。吾亦紅(われもこう)の可憐、山に秋がくる。

八月八日
指し示す霧うべなひつ夏の山
          『紅白梅』 夏の山=夏

 暑熱の東京を後に、標高一六〇〇メートルの山の家に来た。気温一六度の別天地、東京
でうだっている人に悪い気がする。東京にいる時はしつこい夏風邪に悩まされ鼠に右往左
往し、さらに最近加わったダニ、戦争中の悪夢を再現させる痔さに耐えやっと逃げ出せた。
 でも三宅島や神津島の人は逃げ出すにも逃げ出せない。南の島は海風は爽やかでも、足
下が常時ゆれている不気味さは鼠やダニの比ではない。いつも不安を抱えつつ、それでも
前に向かって生きるしかない。それが生きるっていうことだろう。

八月九日
夕顔の開きし蓋(しべ)は夕日得し
          『春雪』 夕顔の花=秋

 戦後、汀女は数多くの、才能を持った女達と知り合うことになった。とりわけ富本一枝
との出会いは彼女の生き方に新しい一頁を開いた。尾竹紅膏のペンネームで、青踏時代か
ら知られた婦人運動の先駆者、陶芸家富本憲吉夫人でもある。
 奇しくも私と同じ名前を持つこのおばさんを、下北沢の汀女の家で何回か見た。黒い長
い髪をくずしてかきあげる今風の髪型だった。裾長の黒っぽい着物の衿足をみせていた。
 汀女は富本さんがくると、彼女の好物だというエビを台所で煮ていた。奥さんらしい汀
女を初めて見た。

『日めくり汀女俳句』 邑書林


nice!(1)  コメント(0) 

草木塔 №81 [ことだま五七五]

孤寒 6

          俳人 種田山頭火

  草の実が袖にも裾にもあたたかな

  枯すすき枯れつくしたる雪のふりつもる

  水に放つや寒鮒みんな泳いでゐる

  一つあると蕗のとう二つ三つ

  蕗のとうことしもここに蕗のとう

  わかれてからのまいにち雪ふる

    母の四十七回忌

  うどん供へて、母よ、わたくしもいただきまする

『草木塔』 青空文庫


nice!(1)  コメント(0) 

読む「ラジオ万能川柳」プレミアム №104 [ことだま五七五]

       読む「ラジオ万能川柳」プレミアム☆ 1月20日、27日放送分

       川柳家・コピーライター  水野タケシ

川柳家・水野タケシがパーソナリティーをつとめる、
読んで楽しむ・聴いて楽しむ・創って楽しむ。エフエムさがみの「ラジオ万能川柳」、
2021年1月20日放送分です。  
104-1.jpg
カイロをペタペタ貼って大寒のスタジオ入り。。

ラジオ万能川柳」は、エフエムさがみの朝の顔、竹中通義さん(柳名・あさひろ)が
キャスターをつとめる情報番組「モーニングワイド」で、
毎週水曜日9時5分から放送しています。
エフエムさがみ「ラジオ万能川柳」のホームページは、こちらから!
放送の音源・・・https://youtu.be/Lo6sMQWPmtI

【紹介】
フランスやイタリアからも普通に川柳の投句がある凄い時代になりました!!
昔に比べて地球が小さくなった気がしますね!!
特に今、あさひろさんも注目の、イタリアに住む日本文化研究家でロシア人のバレリア嬢!
103-4.jpg
Valeria Simonova-Cecon

(みなさんの川柳)
※敬称略  今週は173句の投稿がありました!
・楽しみにしてます句集辰五郎様(名人・重田愛子) 
104-3.jpg
・のりりんの素晴らしかった年賀状(模名理座)
・そんなにも飲食店が悪いのか(よっきゅん)
・緊急宣言オレもオレもと手を上げる(初投稿・雲がくれ)
・店でなく自粛すべきは人である(東孝案)
☆タケシのヒント!
「何かと悪者にされがちな飲食店ですが、東さん、見事に斬ってくれました。昼間から呑んで騒いでいる人々こそが自粛すべきですね。」
・宣言し引くに引けないダイエット(うさぎの小雪)
・ 30年前の恋人夢に出た(恵庭弘)
・屠蘇の後ビールに焼酎ウイスキー(名人・キャサリン)
・ドラレコがしっかり監視エゴ走り(まご命)
・頬張った孫の鯛焼きあんこ飛ぶ(名人・やんちゃん)
・悲しいが世界をひとつにするコロナ(恋するサボテンちゃん)
・このままでオリンピックができますか(離らっくす)
・五月雨の宣言遅し菅総理(名人・あまでうす)
・視力まで回復してる澄んだ朝(せきぼー)
・腹いせに押すかも知れぬ核ボタン(名人・龍龍龍)
・その髪によくも飽きずにクシとおす(りんご)
・年老いてみるアイドルは同じ顔(まんじゅうこわい)
・パジャマ着て在宅勤務正午過ぎ(名人・キジバト交通)
・公募熱再燃させてくれた人(名人・不美子)
・陽性でなくさないでね家族愛(名人・はる)
・ゴーンさんたまにニュースになりたがり(ワイン鍋)
・爺の日と孫は言うなり15日(じゅんじゅん)
・一月は可愛い福が訪れて(大名人・ポテコ)
・懐かしいあなたの重さ感じる夜(大名人・平谷妙子)
・にじ会は午後二時からの会だった(soji)
・人類はウィルスよりも多様だぞ(柳王・入り江わに)
・大阪の映像グリコとアノ(大和田)常務(のりりん)
・ニュースでも大寒だった感染数(しゃま)
・感染(うつ)らない努力個人にできること(名人・ぼうちゃん)
・保管庫の聖火も多分消えている(柳王・春爺)
・支持率も緊急事態発令中(名人・咲弥アン子)
・もう一年このままいくともう一年(大名人・アンリ)
・それならば後手に罰則ないのかい(里山わらび)
・巣ごもりで婚姻数が減る不思議(クッピー)
・私より繊細だったポチのウツ(名人・マルコ)
☆あさひろさんのボツのツボ
「ラジオ万能川柳。タケシ師匠は「ラジ川の投稿には時事関連句が多いようだ」と分析。そして「僕も時事・社会派だね」とも。(結構バレ句もお好きなようですが)神奈川県は今年度の公立高校入試の合格発表をウェブサイトで行うと。そこで『受験生今年はスマホにサクラサク』あさひろ。ボクのボツでした。」

◎今週の一句・店でなく自粛すべきは人である(東孝案)
◯2席・人類はウイルスよりも多様だぞ(柳王・入り江わに)
◯3席・懐かしいあなたの重さ感じる夜(大名人・平谷妙子)

【お知らせ】
テレビ朝日の「川柳居酒屋なつみ」、
現在ドラえもんのスネ夫役の声優さんを中心に、
人気声優陣の川柳を紹介しています!!
15日放送の分は現在まだアベマTVで無料でご覧いただけます!!
また、22日(金)21時から、アベマTVで最新の配信がありますので、
ぜひご覧くださいね!!  
104-4.jpg

【放送後記】
16日(土)には、新しいオンラインの句会がスタートしました。
アットホームながらとても刺激的なな時間でした。
こんな時代が来るなんて1年前は考えもしませんでした。
来年の今ごろは世の中どうなっているのかな。(タケシ拝)

◆1月27日放送分です。
 
104-5.jpg
早くも1月最終放送。。。
放送の音源・・・https://youtu.be/NT2NChktXJs

【お知らせ1】
明日の28日はタウンニュース南区版で
「タケシの万能川柳」の今年初の入選作品が発表されますが、
それとは別に、年末から募集していた「年越し川柳」の入選作の発表もあります。
こちらは、中央区版や緑区版も共通ですので、どうぞ皆さんお楽しみにお待ちくださいね!!  
104-6.jpg
(みなさんの川柳)※敬称略 今週は233句の投稿がありました!
 ・正月とコロナ太りで新記録(花がえる)
・戦地よりいまは被災地自衛隊(翔のんまな)
・春迎え待ち続ける鶯を(金武太郎丸)
・恋文にならない様に手紙書く(名人・重田愛子)
・あぶねぇあぶね民家のラブホ(大名人・かたつむり)
・鬼は外変えコロナ外言い投げる(まりぽん)
・あと5分うっかり焦がすひじき豆(模名理座)
・数えれば診察券が十五枚(東孝案)
・ドラレコのシールだけでも近づかぬ(ラジゴ)
・ミィウィで高校生がぶっちゅっちゅ(金☆玉三郎)
・言うことが突然変異する夫(うさぎの小雪)
・ラジ川をリアルタイムで聴くスリル(じゅんじゅん)
・やる気ある時は先生気づかない(わこりん)
・トランプをきって戻るか民衆主義(司会者=名人・あさひろ)
☆あさひろさんのボツのツボ
「ラジオ万能川柳。コロナ関連の他、米大統領選、国会、大相撲題材句も。先週、“とれたてランチボックス”で「あなたの好きな鍋は?」というテーマ。鍋の季節。アンケートでは必ず上位に来るのが『おでん』だそうです。ボツの壺『この俺を選べと見上げてるおでん』フーマー。あ~それで鍋の前で迷うんだ!」
・公園のベンチ寝てたら人だかり(名人・龍龍龍)
・あなたにも秘密を分けて灯り消す(初投稿・野添まゆ子)
☆タケシのヒント!
「初投稿の野添さん、コロナの句が相変わらず多い中、なんともフレッシュな、そして意味深な句を送ってくれました。来週以降も楽しみにしています。」
・家着いて焦るトイレ脱げぬブーツ(ワイン鍋)
・7時間ミルクと抱いて腰痛に(大名人・ポテコ)
・日々一句老後楽しむ五七五(つや姫)
・トランプが作った壁は国の中(柳王・入り江わに)
・努力みな実ればそれも困りもの(名人・マルコ)
・ミスだけどネタになるなら良いんだよ(バレリア)
・万柳にわこりん載ってオレ載らぬ(soji)
・モナ(模名理座)さんに賀状褒められ照れまくり(のりりん)
・読み間違い自分の言葉じゃないからか(名人・ぼうちゃん)
・裸売りバレリアさんにわかるかな(柳王・ユリコ)
・話よりマスクが目立つ河野さん(咲弥アン子)
・病床を開けず罰則先作り(しゃま)
・言ってみて楽になるから秘密主義(新柳王・けんけん)
・飛沫飛ぶ妻には言えず愚痴を聞く(恋するサボテンちゃん)
・記入例そのまま写し窓口へ(名人・はる)
・初恋の人に抱かれた若い夜(大名人・平谷妙子)
・蝋梅の香りに今年癒やされて(大名人・アンリ)  
104-7.jpg
・盛大なへークションは鳴りひそめ(ペンギン)

◎今週の一句・あなたにも秘密を分けて灯り消す(野添まゆ子)
◯2席・飛沫飛ぶ妻には言えず愚痴を聞く(恋するサボテンちゃん)
◯3席・トランプが作った壁は国の中(柳王・入り江わに)

【お知らせ2】
絶好調!テレビ朝日の「川柳居酒屋なつみ」、先日収録に行って参りました!
今回は女優の小芝風花さんと俳優の工藤亜須加さんが来店!
工藤さんは、あのソフトバンクの工藤監督の息子さんですね。
お二人はテレビ朝日の土曜ナイトドラマ「モコミ 彼女ちょっとヘンだけど」、
土曜夜11時からで共演中です。 
104-4.jpg

 【放送後記】
早くも1月最後の放送、
来週の水曜日(3日9)は立春、もう春なのですね。
春になってコロナが収まるといいなあ。
今年ほど春が待たれる年はありません。(タケシ拝)
=====================================
71-9.jpg
水野タケシ(みずの・たけし)
1965年生まれ。コピーライター、川柳家。東京都出身。
ブログ「水野タケシの超万能川柳!!」 http://ameblo.jp/takeshi-0719/ 


nice!(1)  コメント(2) 

草木塔 №80 [ことだま五七五]

孤寒 5

           俳人  種田山頭火

     死線 四句

  死はひややかな空とほく雲のゆく

  死をひしと唐辛まつかな

  死のしづけさは晴れて葉のない木

  そこに月を死のまへにおく


  いつとなく机に塵が冬めく


『草木塔』 青空文庫

nice!(1)  コメント(0) 

読む「ラジオ万能川柳」プレミアム №103 [ことだま五七五]

        読む「ラジオ万能川柳」プレミアム☆ 1月6日、13日放送分

               川柳家・コピーライター  水野タケシ

川柳家・水野タケシがパーソナリティーをつとめる、
読んで楽しむ・聴いて楽しむ・創って楽しむ。エフエムさがみの「ラジオ万能川柳」、
2021年1月6日放送分です。 

103-1.jpg
あややさんからチョコをいただきました!
                     ありがとございます!

ラジオ万能川柳」は、エフエムさがみの朝の顔、竹中通義さん(柳名・あさひろ)が
キャスターをつとめる情報番組「モーニングワイド」で、
毎週水曜日9時5分から放送しています。
エフエムさがみ「ラジオ万能川柳」のホームページは、こちらから!
放送の音源・・・https://youtu.be/5t0U1GT1A5I

【質問】
タケシ先生、あさひろ様、本年もよろしくお願いいたします!!
ありがちな質問ですが、年末年始、どのように過ごされましたか?(あややさん)

(みなさんの川柳)
※敬称略 今週は209句の投稿がありました!
・辰句集差し上げたいな重田さん(辰五郎)
・旅行中映画で芽生えた手話心(金武太郎丸)
・振り向かず左手揚げて去った彼(模名理座)
・デートの日に娘の胸はでかくなる(東孝案)
・書き損じ凝ったデザイン仇となり(名人・キジバト交通)
・しろめしにとりめしまぜて飯だらけ(初投稿・ぶたのはなこ)
・いい男揃ってきたよ身の回り(大名人・平谷妙子)
・4月から短歌のラジオ番組す(恵庭弘)
・食べては寝る妻は毎年丑年よ(初投稿・かずくんは棒手振り屋)
・噛み締める関東最後のお正月(うさぎの小雪)
・こわいのはコロナ・災害・妻・長寿(初投稿・よもやまばなし)
・官邸に手を合わせたい初詣(せきぼー)
☆タケシのヒント!
「共感の一句です。二階の方ばっかり見上げていないで、国民に、国民の暮らしに、コロナに、もっと真剣に向き合ってほしいものです。」
・いつもより心にしみる歌合戦(おむすび)
・同じ酒妻が前だと少しニガ(名人・六文銭)
・あさひろサンタ志村けん似る(大名人・東海島田宿)
・要請が仕事始めの知事四人(名人・あまでうす)
・波乱の駅伝トイレ行けない(ワイン鍋)
・先見えぬ道も信じる一歩から(じゅんじゅん)
・菅さんの言う事聞いて寝正月(パリっ子)
・新年の誓い今年はまだ死なぬ(柳王・光ターン)
・俺よりも年上だった郷ひろみ(soji)
・沿道は危機感無しの密だかり(大名人・ポテコ)
・たかやすに笑顔赤ちゃんこのみかな(初投稿・がんにぼうず)
・去っていく朝から酒が飲める三ヶ日(ひび)(名人・不美子)
・丑年も私はわたしこのままで(大名人・けんけん)
・ラジ川で今年は狙うぞ名人を(のりりん)
・胃と心七草粥で癒さなきゃ(しゃま)
・瀬を早むさがみ爆裂笑タイム(黒耀舎)
・初夢はやっと日本へ行くことだ(バレリア)
・出遅れも青学らしさ見た絆(大名人・アンリ)
・原稿の棒読み胸に伝わらず(大名人・フーマー)
・地図上をつまんでご卵旅をする(大名人・かたつむり)
・自粛中勇気をくれるアスリート(名人・はる)
・「はじめまして」リモートで会う息子(こ)の彼女(咲弥アン子)
・巣籠りは名画座となり寝正月(司会者=名人・あさひろ)
☆あさひろさんのボツのツボ
「ラジ川年末特番『川柳で振り返るこの1年 拡大版ラジオ万能川柳』お聞き頂き ありがとうございました。大変好評でした。新年1週目 209の投句でスタート!しかし明日には首都圏に非常事態宣言も。今週のボツの壺『おみくじにゃ旅行は良しとあるけれど』ユリコ。今年もたくさんの秀句お待ちしています。」

◎今週の一句
・官邸に手を合わせたい初詣(せきぼー)
◯2席・同じ酒妻が前だと少しニガ(名人・六文銭)
◯3席・地図上をつまんでごらん旅をする(大名人・かたつむり)

【お知らせ】
1月9日発売の公募ガイド2月号で、川柳上達のコツをお話しさせていただきました!

103-2.jpg

また、創作の手順がわかる「創作キット福袋」もついています。
こちらも新春号ならではですね。

【放送後記】
新年がスタートしましたが、
コロナがまだ心配ですね。
ここが底だといいのですが。(タケシ拝)

1月13日放送分です。
  
103-3.jpg
霜が輝く夜明け前の道をやって来ました。。。
放送の音源・・・https://youtu.be/L9gQdG4SOeg

【質問】
新しい言葉とか語彙はどこから仕入れたり、アンテナを張ったらよろしいでしょうか? 
よろしくお願いいたします。    (しゃまさん)

(みなさんの川柳)
※敬称略 今週は197句の投稿がありました!
・「寒いね」に「寒いね」の声温かい(名人・重田愛子)
・針箱を開けると亡母(はは)の手紙あり(模名理座)
・悩みごといっぱいやけど笑ってる(翔のんまな)
・9日に公募ガイドを買いに行く(離らっくす)
・シャンシャンよ少し日本でごゆるりと(花がえる)
・不器量も美人になれる黒マスク(初投稿・笛吹太郎)
・コロナ禍であぶり出される無策ぶり(大名人・平谷妙子)
・Amazonの履歴人には見せられぬ(おむすび)
・おい妙子俺の噂をしたのかい(パリっ子)
・コロナより緊急事態金欠病(名人・グランパ)
・ピザ食べて七草の味想像し(バレリア)
・降りやまぬ雪に埋もれる雪ダルマ(名人・やんちゃん)
・毎日がリモート化なら部屋探し(大名人・ポテコ)
・しゃぼん玉遊びも自粛する園児(せきぼー)
・ジャイアンツFAを集めて密となる(がんにんぼうず)
・まだ無事だ蝋梅の香を感じている(名人・不美子)
・小正月体重計も音を上げる(じゅんじゅん)
・聞けるなら夏まで待とうタケシ節(名人・あまでうす)
・ストーブにこたつ湯たんぽ総動員(柳王・光ターン)
・わこりんを目指して今日も詠んでます(soji)
・最悪の花道歩むトランプ氏(つや姫)
・外(と)に出るな触るれば怖しコロナ菌(柳王・入り江わに)
・文明への警鐘でしょうかと年賀状(司会者=名人・あさひろ)
☆あさひろさんのボツのツボ
「ラジオ万能川柳。イタリアに住む日本文化研究家でロシア人のバレリア嬢、今日もイタリアから投句。彼女は川柳を作る前には和食を食べるそうです。外国の方ならではの表現に驚きも。『句によると妻より強くいない日本』バレリア。日本人の川柳を研究すると、-日本では妻が最強と言う事が解る-という事?」 

103-4.jpg
バレリアさん
・いい短歌詠む湘南のプレスリー(大名人・東海島田宿)
・主人とは絶対言わぬ妻である(大名人・荻笑)
・湿布薬貼って欲しいな届くけど(大名人・けんけん)
☆タケシのヒント!
「けんけん大名人、これで7回目の秀逸、柳王昇進です。おめでとうございます!「届くけど」が良いですね。人も人肌も恋しいコロナ禍の真冬ならではのつぶやきです。」
・一箇所を掻くと全身痒い冬(のりりん)
・我が家でも緊急事態浮気ばれ(柳王・鵜野森マコピイ)
・今年まだ三百五十日もある(咲弥アン子)
・人がいる所に人が集まって(大名人・アンリ)
・捨てよかな成人式着た赤スーツ(恋するサボテンちゃん)
・濃い中身創作キット福袋(里山わらび)
・会ったことない人も読む辰句集(辰五郎)
・四桁になれてしまった私たち(ペンギン)
・やることがなくて増えてるユーチューバ(クッピー)
・歳とりて水曜すぎてもう週末(初投稿・まんじゅうこわい)

◎今週の一句・湿布薬貼って欲しいな届くけど(大名人・けんけん)
◯2席・降りやまぬ雪に埋もれる雪ダルマ(名人・やんちゃん)
◯3席・針箱を開けると亡母(はは)の手紙あり(模名理座)

【お知らせ】
「タケシの万能川柳」でお世話になっている
タウンニュース相模原版(中央区版、南区版、緑区版)では現在、
「年越し川柳」を募集中!!テーマは「除夜の鐘」、または「初詣」です!!/
締め切りは、1月15日金曜日。

【放送後記】
緊急事態宣言が出て、世の中ステイホームですが、
何となく忙しい日が続いています。
このまま春に向かって陽性者の数が減って来るといいのですが。(タケシ拝)
=====================================
71-9.jpg
水野タケシ(みずの・たけし)
1965年生まれ。コピーライター、川柳家。東京都出身。
ブログ「水野タケシの超万能川柳!!」 http://ameblo.jp/takeshi-0719/


nice!(1)  コメント(2) 

日めくり汀女俳句 №73 [ことだま五七五]

八月一日~八月三日

       俳句  中村汀女・文  中村一枝

八月一日
一脚の運び残せし藤椅子かな
           『春暁』 藤椅子=夏

 世田谷の中村家の庭に、二十年八月焼夷弾が落ちた。夫や義弟ら若者の手で火を消し家
は類焼を免れた。結局汀女は空襲下の東京で家を守り通したのだ。
 終戦、順風満帆だった中村家に逆風が吹き始める。夫重書は戦時金融公庫に勤めていた
ことで追放をうける。
 汀女が大事にしていた『泉鏡花全集』を長男が売ってしまったこともある。「あれお母
さん、読むんだったの」と言われて汀女は絶句。竹の子生活だった。そんな中で、汀女ら
しい本領でいい句がどんどん作られていった。

八月二日
遠雷といひ夏菊の咲くといひ
           『半生』 雷=夏 夏菊=夏

「二十一年には自分ながら句が多く出来ている」。汀女は自伝の中でそう書いている。
 終戦、夫のパージ、といった外患、竹の子生活、買い出しという内憂にも汀女の創作意
欲は衰えるどころか盛んである。買い出しが機縁でいろいろの人と知り合った。富本一
枝、大谷藤子、神近市子、由起しげ子、壷井栄、今まで汀女の周りには現れなかった多士
多才の女性達だった。女性解放運動が新しい段階を踏みはじめている。そういうことには
無縁で過ごした汀女でも、ひたひた寄せる時代の波は感じたであろう。

八月三日
山の威のふっとにはかや夏蔚
             『紅白梅』 夏荊=夏

 今年の五月、山の別荘地に落雷があり、別荘が一軒焼失した。立派なログハウスが黒焦
げになったのを見るのは痛々しかった。「三十年住んでいて初めてです」という人もい
た。
 去年も「五十年間一度もなかったのに」という災害現場の声があった。人間にとっての
三十年五十年は自然にとっては束の間のできごとである。つい人間のサイクルで考えてし
まう。今年は人的災害も多かったが、自然の暴れ方もきわ立っている。噴火も地震も大雨
も自然は怒っている。そして人間は、その自然の怒りをすぐ忘れていく。

『日めくり汀女俳句』 邑書林


nice!(1)  コメント(0) 

草木塔 №79 [ことだま五七五]

孤寒 4

             俳人  種田山頭火

  雨ふればふるほどに石蕗の花

  播きをへるとよい雨になる山のいろ

  そこはかとなくそこら木の葉のちるやうに

  ゆふべなごやかな親蜘蛛子蜘蛛

  しんじつおちつけない草のかれがれ

  しぐるるやあるだけの御飯よう炊けた

  焼場水たまり雲をうつして寒く


『草木塔』 青空文庫

nice!(1)  コメント(0) 

読む「ラジオ万能川柳」プレミアム №102 [ことだま五七五]

      読む「ラジオ万能川柳」プレミアム☆ 12月16日、23日放送分

       川柳家・コピーライター  水野タケシ

川柳家・水野タケシがパーソナリティーをつとめる、
読んで楽しむ・聴いて楽しむ・創って楽しむ。エフエムさがみの「ラジオ万能川柳」、
2020年12月16日放送分です。

102-1.jpg
寒さが身にしみる朝。。。。うぅ

ラジオ万能川柳」は、エフエムさがみの朝の顔、竹中通義さん(柳名・あさひろ)が
キャスターをつとめる情報番組「モーニングワイド」で、
毎週水曜日9時5分から放送しています。
エフエムさがみ「ラジオ万能川柳」のホームページは、こちらから!
https://fm839.com/program/p00000281
放送の音源・・・https://youtu.be/BS1uOssWU94

【質問リターンズ】
「し止め」のことをもう一度お願いします。(かたつむりさん)

【質問】
川柳界では「し止め」は禁止されていますが、
タケシ師匠は「し止め」についてどうお考えですか?(離らっくすさん)
https://youtu.be/BS1uOssWU94

(みなさんの川柳)※敬称略  今週は173句の投稿がありました!
・北風もなんのそのですポストまで(名人・重田愛子)
・日が暮れるひばり放送午後の四時(名人・キジバト交通)
・いま議員一体何をしているか(恵庭弘)
・ガースーと無理におどける寒さかな(柳王・雷作)
・姑は妖怪いえいえ要介護(うさぎの小雪)
・明日にはテストが始まる不安感(金武太郎丸)
・微笑みは幸せを呼ぶ常備薬(名人・やんちゃん)
・正論は当たっているだけに堪えます(大名人・平谷妙子)
・つき進め道は必ずあらわれる(名人・わこりん)
・行きたいとこあるのに行けないもどかしさ(模名理座)
・親分よ逝くのちょったぁ早くねぇ(ベルマーレあんちゃん)
・サッと掃きサッと拭きます大掃除(せきぼー)
・ひじタッチそのつもりでもひじ鉄に(大名人・東海島田宿)
・札束で頬を張っても勝てないよ(パリっ子)
・欲しくない記録ばかりが伸びる日々(大名人・アンリ)
・チューリップか咲いた最多と感染者(柳王・鵜野森マコピイ)
・編みかけはほったらかして次の恋(ワイン鍋)
・車庫入れが新車なるたび下手になり(大名人・ポテコ)
・Uberで仕事貰って歩道(みち)奪い(辰五郎)
・ガースーでまた飛び出したしらけ鳥(大名人・フーマー)
・新庄を拾う神さま募集中(柳王・春爺)
・自助共助足りてないから公助です(名人・マルコ)
・突然が昨日のように七回忌(じゅんじゅん)
・カニだからできる活きたの熱湯へ(柳王・光ターン)
・電線のスズメ3羽が黙祷し(柳王・ユリコ)

☆タケシのヒント!
「小松政夫さんの追悼句です。大人気だった「電線音頭」の♪電線にスズメ3羽が止まってた♪が、そのまま句になっています。映像が見えてきますね。ユリコさんはこの秀逸でついに大柳王にリーチです。ますます楽しくご健吟ください!」

・通勤は良く美容院許さぬ社(しゃま)
・見ーつけた次号予告に師匠の名(大名人・けんけん)
・人生初コートの前が留まらない(名人・不美子)
・イケメンに美女がくっつくつまらなさ(soji)
・焦るなあ特番用の句が出来ぬ(のりりん)
・ガースーがリーソーなんてマジ最悪(柳王・入り江わに)
・ビックリポン86才くどかれて(大名人・かたつむり)  

102-2.jpg

・モーニングワイドでしょうかあさひろ氏(名人・ぼうちゃん)
・あの世でもきっと笑わすのぼせもん(里山わらび)
・七〇年生きて一番手を洗い(司会者=名人 ・あさひろ)

☆あさひろさんのボツのツボ
「ラジオ万能川柳。コロナ関連に加え、“ガ~ス~”ネタのなんと多かった事か。この時期にこの場面で?そんな中政府はコロナ対策として約22兆円の第3次補正予算を計上。ボツの壺『返す気があると思えぬ予算組み』ワイン鍋。中には公用車を買ったり花火を打ち上げたり・・ 医療現場の最前線には届かないのか?」

◎今週の一句・電線のスズメ3羽が黙祷し(柳王・ユリコ)
2席・ガースーがリーソーなんてマジ最悪(柳王・入り江わに)
3席・あの世でもきっと笑わすのぼせもん(里山わらび)

【お知らせ】
いよいよ12月に入りました!!
今年もやりますよ!!「そこで一句!川柳でふりかえるこの一年」
今年最後の水曜日、30日です!

102-3.jpg

秀逸の句には、ファンブック109号のヒットメーカー対談にも登場する、
福岡県は糸島市の川柳作家、摘んでご卵さんが育てている美味しい美味しい卵
「つまんでご卵」をプレゼント予定!!ふるってご応募ください!!

102-4.jpg

【放送後記】
うす着の子供たちを見ると心底うらやましくなるほどの厚着で過ごしています。
この歳で、こんなに重ね着していたら、10年後はどうなるんだろう、なんて
妄想しては1人苦笑いしています。
・あたたかいだけでうれしい歳になり     (タケシ拝)

〇 12月23日放送分です。


102-5.jpg
少しだけ寒さがゆるみました

放送の音源・・・https://youtu.be/i9S4GpCM4zI

【お知らせ1】
なんと2年半前に出しました「いちばんやさしい!楽しい!シルバー川柳入門」
の本が増刷となりました。ありがとうございます!ありがとうございます!
102-6.jpg


(みなさんの川柳)※敬称略  今週は170句の投稿がありました!
・今思えばあれは最後の恋だった(模名理座)
・大掃除あと5センチが届かない(重田愛子)
・クリスマスプレゼントだヨ辰句集(辰五郎)
・ガースーは二階の方を向いている(恵庭弘)
・あったかい娘が側にいるだけで(うさぎの小雪)

☆タケシのヒント!
「読むだけで温かくなる句です。幸せは『なる』ものではなく『気づく』ものと改めて思わせてくれる秀作です。」
・雨の日は部活サボって寝てみたい(金武太郎丸)
・水虫の薬であの世行く不運(柳王・雷作)
・ガースーと言ってるうちにガス欠か(大名人・東海島田宿)
・新婚に三密禁止無理の無理(ワンワン)
・半ズボン半袖の子ら震え見る(名人・(龍龍龍)
・雪かいて見守る孫の通学路(名人・やんちゃん)
・ニュースより川柳欄は面白い(イタリア・バレリア)
・君のことを忘れないよと花笑い(大名人・平谷妙子)
・来年もコロナ対策全集中(名人・あまでうす)
・ブランコがまだ揺れている5時の鐘(名人・グランパ)
・ゆきすぎた雪の降り過ぎ困ります(よっきゅん)
・コロナ禍の思いやりかな子との距離(じゅんじゅん)
・温かいだけで幸せ冬の午後(名人・はる)
・重度です聞いた瞬間気落ちする(大名人・ポテコ)
・大声のチャラーン響く西の空(里山わらび)
・断捨離はトキメキなくした旦那から(恋するサボテンちゃん)
・給食にケーキ出るから休まない(名人・わこりん)
・ああ悔し今頃マスクが山積みで(柳王・鵜野森マコピイ)
・寒いのに目が泳いでる菅総理(大名人・アンリ)
・胃袋がお丈夫ですね現総理(大名人・けんけん)
・やや透けるマスクにちょっとドキッとし(名人・ぼうちゃん)
・食べてごらん摘んで卵絶品ぞ(のりりん)
・私より大きい柚子で嫉妬する(柳王・ユリコ)
・ワクチンを運んでほしいサンタさん(しゃま)
・そこそこが難しいよね自然界(味野素子)
・冬の夜熱いココアとビスケット(名人・不美子)
・圓楽も歌丸もいて同窓会(soji)
・コロナ禍を過の字にできる人の知恵(柳王・春爺)
・木星と土星を愛でる冬の空(大名人・フーマー)
・庶民派が庶民のこころ逆なでし(ワイン鍋)
・ラジ川に八千投句ありがとう(司会者=名人・あさひろ)

☆あさひろさんのボツのツボ
「今年最後の“ラジオ万能川柳”。今週は締めくくりの週、ほっこりとした句が選に選ばれました。しかしこのコロナ禍、落ち着かない年の瀬です。ボツのツボ『呼びかけただけの勝負の3週間』(おむすび) 呼びかけ方が悪かったのか、受け取り方が悪かったのか。今年のあなたの1句、締め切りは25日朝8時です!」

◎今週の一句・あったかい娘が側ににいるだけで(うさぎの小雪)
2席・ワクチンを運んでほしいサンタさん(しゃま)
3席・庶民派が庶民のこころ逆なでし(ワイン鍋)

【放送後記】
通常放送は今年最後でした。
今年も9000句弱ものステキな川柳をありがとうございました!!
ラジ川は、あなたの川柳と川柳についての質問が番組を作ります。
来年もどうぞよろしくお願いいたします!!川柳で、つながりましょう!!(タケシ拝)
======================================
71-9.jpg

水野タケシ(みずの・たけし)
1965年生まれ。コピーライター、川柳家。東京都出身。
ブログ「水野タケシの超万能川柳!!」 http://ameblo.jp/takeshi-0719/




nice!(1)  コメント(0) 

日めくり汀女俳句 №72 [ことだま五七五]

七月二十九日~七月三十一日

        俳句  中村汀女・文  中村一枝

七月二十九日
髪洗ふ湯は耐へがたく熱く好き
            『汀女句集』 髪洗ふ=夏

 梅雨だ、梅雨だと言っている間に夏空ばかりで、本当にそのまま夏になってしまった。
こういう年は中休みがないのでとても疲れる。私も珍しく高熱の出る風邪をひいたし、あちこち具合の悪い人が多い。
 ようやく足腰が並みになって外を歩いてみるとふつうに歩けることの快適さに今更快哉を叫んでいる。何日かぶりの入浴、揚が体に染みていくことの気持ちよさ。
 普段何気なく見過ごしている日常の些未さの中に、ひそやかな幸せを味わった。それにしても病気はどかんときて無遠慮に居座るものだと痛感している。

七月三十日
十一階の雲持たぬ空梅雨明けぬ
            『軒紅梅』 梅雨明け=夏

 品川のお台場が様変わりした。開発当初公 団の団地に引っ越していった人がいる。十三階からの眺めは秀抜だと言っていたが、周りは荒涼とした荒地と原っぱ。それが今やお台場詣でという言葉がある程、東京の新スポットだ。
 新橋からゆりかもめで十分、目前に広がる東京湾、レインボーブリッジ、立ち並ぶ高層群の風景はまさに未来都市、駅を下りると、ショッピング街、公園、テレビ局もホテルもある。個性的なレストラン街は週末や夜は人で埋まるそうだ。建物の中に入って上を見上げると、人工的に作られた美しい青空がある。
 映像の中を歩いている思いがずっとした。

七月三十一日
白玉や己(おの)れひとりの丸さとも
            『薔薇粧ふ』 白玉=夏

 夏になると白玉が食べたくなる。久しぶりに白玉をねってみた。べたっべたっと指にまつわりついてくる感触、技なんか何もないけれど、このまるみを作るのはなかなかこつがいる。大きな、いかにも働き者のおばさんの手の中に入ると、白玉のまるが苦もなく生み出されてくる。そういう光景がかつてあった。沸(わ)き立った鍋の中に一つずつ落とし、浮き上がった白玉を冷たい水に。一連の手作業の内にロの中に白玉へのまろやかな思いがかもし出されていった。
 いっときの夏の歯応えが白玉にはある。

『日めくり汀女俳句』 邑書林


nice!(1)  コメント(0) 

草木塔 №78 [ことだま五七五]

孤寒 3
             俳人  種田山頭火

  風の中おのれを責めつつ歩く

  われをしみじみ風が出て来て考へさせる

  雷をまぢかに覚めてかしこまる

  がちやがちやがちやがちや鳴くよりほかない

  誰を待つとてゆふべは萩のしきりにこぼれ

  声はまさしく月夜はたらく人人だ


『草木塔』青空文庫


nice!(1)  コメント(0) 

詠む「ラジオ万能川柳」プレミアム №101 [ことだま五七五]

           読む「ラジオ万能川柳」プレミアム☆ 12月2日、9日放送分

       川柳家・コピーライター  水野たケシ

川柳家・水野タケシがパーソナリティーをつとめる、
読んで楽しむ・聴いて楽しむ・創って楽しむ。エフエムさがみの「ラジオ万能川柳」
2020年12月2日放送分です。

101-1.jpg
寒くなってきました。。。う。。う。。

「ラジオ万能川柳」は、エフエムさがみの朝の顔、竹中通義さん(柳名・あさひろ)が
キャスターをつとめる情報番組「モーニングワイド」で、
毎週水曜日9時5分から放送しています。
エフエムさがみ「ラジオ万能川柳」のホームページは、こちらから!
https://fm839.com/program/p00000281
放送の音源・・・https://youtu.be/oPKTSZUfKKs

【質問】
今日は師匠に質問があります。実は私は俳句の勉強中なんですが、
時々俳句としても川柳としても良いのではと思う句があります。
最近コロナで外出を控えているので、こんな句をつくりました。
百円の俎板磨く冬籠(俳句として)
百円のまな板磨く冬籠り(川柳して)
漢字の表記などを変えました。俳句界隈の人や川柳界隈の人から見れば
どっちつかずに思われるかもしれません。
師匠は俳句もされますが、この辺どう思われますか?ぜひご意見を承りたいです。(マルコさん)
https://youtu.be/oPKTSZUfKKs

(みなさんの川柳)※敬称略 今週は195句の投稿がありました!
・これ以上伸びずに欲しい棒グラフ(名人・重田愛子)
・国境はないと分かった感染症(初投稿・りんご)
・忘れない凍えたときのたい焼きを(金武太郎丸)
・早く出すコメントいっぱい欲しいから(パリっ子)
・3時間彼を待ってた頃があり(模名理座)
・ラジ川の没句よそでは賞を取り(うさぎの小雪)
・満杯にならぬ我が家の貯金箱(名人・やんちゃん)

☆タケシのヒント!
「ちょっとした発見が秀句になるという好例です。実感と共感の一句。来年はコロナもおさまって、貯金箱も満杯、景気が戻るといいなあ。」

・片隅にどんな時代も花は咲く(大名人・平谷妙子)
・医療者のボーナス削る無慈悲かな(名人・龍龍龍)
・あかぎれの指に冷たい洗い物(せきぼー)
・騙されたなんて言ってるうちの妻(西宮のフーコー)
・そんなことしかできないか対コロナ(大名人・東海島田宿)
・はやぶさ2リュウグウからの玉手箱(恵庭弘)
・娘のまぶた腫れている理由を聞かぬ朝(ワイン鍋)
・唇にやさしく触れるマイマスク(じゅんじゅん)
・足の先冷たくソッと夫に寄る(名人・不美子)
・頼りない船長ですね日本丸(柳王・春爺)
・広告のおせち閉まらなそうな蓋 (名人・ぼうちゃん)
・秀逸でタウンニュースを飾りたい(大名人・ポテコ)
・カレンダーめくればそこはクリスマス(味野素子)
・コロナより熊が怖いと田舎のじい(柳王・鵜野森マコピイ)
・飼い猫とノラの区別がつかぬ里(名人・はる)
・来年も行けたらいいな雨の日に(大名人・けんけん)
・サプライズあるかもネット湘南会(辰五郎)
・打ち上げは日本帰還はよその国(柳王・光ターン)
・火球落つ大きな願い聞くために(柳王・ユリコ)
・暇そうな部長しかせぬテレワーク(しゃま)
・新聞はスマホになんと四連敗(soji)
・落ち葉掃きもんぺの影が母に似て(大名人・かたつむり)

101-2.jpg

・痩せたのに年明け太るカレンダー(大名人・アンリ)
・菅世代普通は言わぬエビデンス(大名人・フーマー)
・風呂入る一体化したマスクして(恋するサボテンちゃん)
・さあこれでドコモかしこも安くなる(里山わらび)
・反対をするほど燃えて困る恋(柳王・入り江わに)
・憲法を持ち出す程の複雑さ(名人・あさひろ)

☆あさひろさんのボツのツボ
「ラジオ万能川柳。今週もコロナ関連句が多い中、ひと肌を恋しく思うという句も多数ありました。さて、今年の新語・流行語大賞には『三密』が選ばれました。東京都知事の発信力も貢献したのかもしれませんね?そこでボツの壺『三つ無理五つなんてもっと無理』六文銭。小皿に分けて小一時間でと小池さん。」

◎今週の一句・満杯にならぬ我が家の貯金箱(名人・やんちゃん)
◯2席・頼りない船長ですね日本丸(柳王・春爺)
◯3席・落ち葉掃くもんぺの影が母に似て(大名人・かたつむり)

【お知らせ】

101-3.jpg

いよいよ12月に入りました!!
今年もやりますよ!!「そこで一句!川柳でふりかえるこの一年」
今年最後の水曜日、30日です!

101-4.jpg

まあ、今年は押し詰まってからの放送になりますね。
もう大掃除も終わってるかもしれませんから、
ノンビリしみじみ今年を振り返りながらお聴きいただきたいです。

 【放送後記】
昨日「公募ガイド」新年号(来年1月9日発売)の取材を受けました。
オンラインではない実際会っての取材というのは本当に久しぶり!!
コロナも収まって、「実際に会って」が少しずつ増えてくるといいですね。(タケシ拝)

◆12月9日の放送
101-5.jpg

101-6.jpg
はやぶさ2も相模原に帰ってきました!!

放送の音源・・・https://youtu.be/EknUegd4MBU

【お知らせ】
この前久しぶりに直接会って取材をしていただきました。
大体最近はオンラインでの打ち合わせだったり取材なんですけれど、
本当に久しぶりでしたね。ちょっと緊張しました。
さて、なんの取材かと言いますと、
来年1月9日発売の、雑誌「公募ガイド」2月号の新春企画用の取材だったのです。

101-7.jpg


(みなさんの川柳)※敬称略 今週は177句の投稿がありました!
・ボツだって選評を読めば元気出る(名人・重田愛子)
・加齢かなテレビドラマに涙する(東孝案)
・欲張って年末ジャンボ大人買い(名人・キジバト交通)
・新型で始まるニュース見たくない(おむすび)
・テレワーク家事もやらせるおっ家内(まご命)
・ 3密を避けて居心地よい湯船(名人・やんちゃん)
・音消して画面見ながら聴くラジ川(模名理座)
・この時期に国会閉会政治家か? (恵庭弘)
・焼けるまで少し遠目で待つ試食(せきぼー)
・赤ん坊抱いて生まれるエネルギー(じゅんじゅん)
・朝ドラの成否を決める子供時代(名人・龍龍龍)
・コロナ禍に火球となって帰還する(大名人・東海島田宿)
・私には思い出という友がいる(大名人・平谷妙子)
・go toの元気あるうち収まって(名人・不美子)
・川柳で日本文化を学んでる(初投稿・バレリア)
・寝不足もなんのそのですはやぶさ2(大名人・かたつむり)  

101-8.jpg

・注射嫌いワクチン映像目をそむけ(ワイン鍋)
・だるいふりしてもママにはみぬかれる(名人・わこりん)
・鼻歌が包丁テンポちと速め(柳王・光ターン)
・悩むなら夜はやめよう昼悩め(大名人・荻笑)
・いのち無きはやぶさ2に強い意志(辰五郎)

☆タケシのヒント!
「みんなが思っていることをうまく五七五にまとめましたね。だからこそ、はやぶさ2は、私たちの心を打つのでしょう。」

・言わせない相模原ってどこですか(大名人・けんけん)
・友だちと毎日旅をしてる夢(味野素子)
・僕の部屋自分のことがすぐわかる(金武太郎丸)
・先輩はカリフラワーかブロッコリー(柳王・ユリコ)
・年末の特番向けて作句中(のりりん)
・何会議するかも会議する上司(しゃま)
・白い息これもコロナの距離と見る(黒耀舎)
・国難に迷彩服の天使たち(柳王・春爺)
・暑くても寒くなっても出る文句(大名人・アンリ)
・カプセルの尻尾にもらう希望の灯(大名人・フーマー)
・野球愛描き続けた筆を置く(里山わらび)
・はや2が免疫上げる相模原(ペンギン)
・金積めばいい看護師が欲しいなら(うさぎの小雪)
・おかえりといってらっしゃい「はや2」も(司会者=名人・あさひろ)

☆あさひろさんのボツのツボ
「ラジオ万能川柳。今週は、“はやぶさ2帰還”・“りゅうぐうの砂JAXAへ到着”のニュースを詠み込んだ句が多くありました。コロナ禍で暗くなりがちなところへ久々の明るいニュースでした。しかし はやぶさ本体は地球に着陸することなく次の旅路へ。ボツのツボ『コロナ禍で帰星しませんはやぶさ2』フーマー。」

◎今週の一句・いのち無きはやぶさ2に強い意志(辰五郎)
◯2席・赤ん坊抱いて生まれるエネルギー(じゅんじゅん)
◯3席・私には思い出という友がいる(大名人・平谷妙子)

 【放送後記】
サウナブームですね。
サウナがくれる「多幸感」が理由とか。
私にとってはジョギングですね。
冬の日差しを浴びながら走っていると、
イヤなことをすべて忘れてしまいます。(タケシ拝)

====================================
71-9.jpg

水野タケシ(みずの・たけし)
1965年生まれ。コピーライター、川柳家。東京都出身。
ブログ「水野タケシの超万能川柳!!」http://ameblo.jp/takeshi-0719/ 




nice!(1)  コメント(0) 

日めくり汀女俳句 №71 [ことだま五七五]

七月二十六日~七月二十八日

      俳句  中村汀女・文  中村一枝

七月二十六日
窓の灯のきそひて消えず夏休
            『紅白梅』 夏休=夏

カレンダーを見て、最初に、今年は何日休みがあるだろうと数える。私はそういうこどもであった。学校は好きではなかったし、勉強はもっと嫌いだった。
 最近のカレンダーはうらやましいほど休みが多い。二十日の海の碑など一日早く一学期を終わらせる口実かな。今、小学生だったら私は大喜びだ。親の身になるとやや休みの多いのは頭がいい。お金もかかる。蝉(せみ)とりに興じ蜻蛉(とんぼ)を追うなどという子どもは個展になった。夏休みに子供の歓声を聞こうなど、大人の勝手な郷愁のなかだけの話である。

七月二十七日
つと逃げし蛍の闇のみだれかな
      『薔薇粧ふ』 蛍=夏

 犬が逃げたという張り紙を電柱で見た。つい何日か前に友人から「柴ちゃんの雑種で赤い首輪、緑の紐(ひも)をつけてるんですって。何人もからの通報があったのにつかまらないの」という電話があった。
 いままでにも何匹かの迷い子の犬の情報があって、そのたびに人にも頼み、自分も心して探したが、やはり運のいい犬と悪い犬があるものらしく、まよいこ布田も観察もつけていたもみつからないあいいもある。この炎天下、主をさがして歩いている犬のうしろ姿がつい目に浮かんでしまう。

七月二十八日
夏布団病篤ければおとなしく
       『春雪』 夏布団=夏

 夏カゼのひどいのをひいた。もともと子どものころから気管支ぜんそくで、カゼをひくと気管支をやられる。子どものころは病気になると待遇がぐっと変わった。病床まで食事を運んでもらえたし、面白そうな本も何冊か買ってもらえた。母の声音も一段と優しい。病気の苦しさはイヤというほど味わったが、どこか病気には甘やかな慕情のようなものさえ感じていた。
 がんの手術をうけた時、主治医の先生が「病気になれているせいか自然体で手術もうまくいった」と言われた。病気と仲良しにはあまりなりたくないが。


『日めくり汀女俳句』 邑書林




nice!(1)  コメント(0) 

猿若句会秀句選 №112 [ことだま五七五]

猿若句会2020年十一月例会(11月21月日)特選句集

            猿若句会会亭  中村 信

 丸窓は「悟りの窓」や床もみぢ   丸本 武
 社掃く禰宜の日課や神の留守   内野和也
 手水舎に鳩が群れてる神の留守   佐竹茂市郎
 晴れゐても影の淡かり冬ざくら   伊藤 理
 家族分干し靴並べ小春かな   児玉竹子
 風邪ひいて腹もこわして正露丸   高橋 均
 明日こそ一日延ばし霜囲い   宮島久代

◆猿若句会十一月例会の特選句集です。
  例によって一句だけ[丸窓は「悟りの窓」や床もみぢ 武]の短評から始めるのですが、その前に武さんの当日の出句<五句>を見てみます。まず兼題です。「神の留守」で=[神留守や嘘をつくろふための嘘]。次が「当季雑詠」=①[空也忌や吐けば句になれ我が言葉]]。同②は[別記]します。当日出題の席題①「泥鰌掘る」=[悪餓鬼で泥鰌掘らせば名人で]。同②[丸]≅上掲出句[丸窓は「悟りの……」]の五句でした。実はこの五句に意味があるのです。これまでにも何度か書いてきましたように、当句会では五句(兼題句一句、当期雑詠句二句、当日の席題句二句)を出句し、会員の互選をいたします。五句を出句をして、五句ともが特選に選ばれれば、それは最高受賞点とでも呼ばれる榮譽でしょう。会亭の記憶では誰も達成していないと思います。今回、惜しくもこの最高受賞点を逃がしてしまったのが武さんです。回りくどい書き方をしましたが上記四句は全て特選句でした。
逃してしまった要因はの当季雑詠②の[幾度目の禁酒の誓ひ神の留守]が一応秀作にはなっていますが、特選を逃してしまいました。つまり当季雑詠の二句目も「神の留守」で投句してしまった結果です。結果論ですがこの句をやはり出句したかったのでしょう、この時点では他の四句がすべて特選句に選ばれことなど誰もわかりません。もちろん本人もわからずに、この五句目を投句しています。本人的には「神留守や……」の句よりも自信があったかもしれません。だが一般的には「神の留守」と「禁酒の誓ひ」の取り合わせは安易であり、類句も多いとみられていたのではないですか。意識して達成できるものではないだけに、惜しいことをしました。でも、誰かが何時かは達成するでしょから期待して待ちましょう。
◆特選以外の秀作・佳作については、新ブログ[パソコミ誌『あ』の電脳版]http://a-houshin.hatenablog.com/に掲載しています。まだテスト版ですが、おいおい充実させてゆくつもりです。ご覧いただき・ご支援ください。


nice!(1)  コメント(0) 

草木塔 №77 [ことだま五七五]

孤寒 2

           俳人  種田山頭火

  身のまはりはほしいままなる草の咲く

  草の青さよはだしでもどる

  草は咲くがままのてふてふ

  藪から鍋へ筍いつぽん

  ならんで竹の子竹になりつつ

  窓にしたしく竹の子竹になる明け暮れ


『草木塔』 青空文庫

nice!(1)  コメント(0) 

読む「ラジオ万能川柳」プレミアム №100 [ことだま五七五]

       読む「ラジオ万能川柳」プレミアム☆ 11月18日、25日放送分

       川柳家・コピーライター  水野タケシ

川柳家・水野タケシがパーソナリティーをつとめる、
読んで楽しむ・聴いて楽しむ・創って楽しむ。エフエムさがみの「ラジオ万能川柳」
2020年11月18日放送分です。

100-1.jpg
11月とは思えない陽気!!

「ラジオ万能川柳」は、エフエムさがみの朝の顔、竹中通義さん(柳名・あさひろ)が
キャスターをつとめる情報番組「モーニングワイド」で、
毎週水曜日9時5分から放送しています。
エフエムさがみ「ラジオ万能川柳」のホームページは、こちらから!
https://fm839.com/program/p00000281
放送の音源・・・https://youtu.be/JCD-h3kSkoQ

【質問】
いつも親子でお世話になってありがとうございます。
質問ですが、先日プレバトで9、8の破調の句をいくつか見ました。
川柳においてもありなのでしょうか?(うさぎの小雪さん)
https://youtu.be/JCD-h3kSkoQ

(みなさんの川柳)※敬称略 今週は159句の投稿がありました!
・お隣りもそのお隣りも冬支度(名人・重田愛子)
・メルカリで父の宝を売る娘(東孝案)
・質問にまともに答えないのが政治(ホッと射て)
・ 9時半が近づくこれはやな予感(おむすび)
・ユリコなら2年連続マスク賞(パリっ子)
・気が付けば同じ話をまたしてる(模名理座)
・母さんのボンキュッボンのキュッはむね(名人・わこりん)
・言い訳と愚痴は妻より犬が聞き(名人・やんちゃん)
・飲む塗る差す薬いろいろ30分(名人・龍龍龍)
・眞子さまはこんなお齢と知りました(大名人・平谷妙子)
・何ごともなく終わる夜にあった幸(じゅんじゅん)
・京セラでホークス優位乞うご期待(ベルマーレあんちゃん)
・対立と分断を産む民主主義(司会者=名人・あさひろ)

☆あさひろさんのボツのツボ
「ラジオ万能川柳。今週は 紅葉・落葉を句材に、しみじみとした句も。先週 気象庁は花の開花や鶯の初鳴きなどから季節の移ろいをとらえる『生物季節観測』を廃止、縮小すると発表。そこでボツのツボ『初鳴き日初見遠くかすむ四季』里山わらびさん。コンピュータデータだけで無く、肌感覚も大切ですよね。」

・晩秋の洋服迷う寒暖差(大名人・アンリ)
・一人部屋叶わぬままに歳をとり(大名人・ポテコ)
・素の自分トイレに置いてさあ仕事(名人・マルコ)
・ファンブック紅・白ときて次は何? (ワイン鍋)
・厳寒と猛暑のお詫び紅葉燃え(柳王・光ターン)
・若隆景早口言葉のような四股名(のりりん)
・いつの日かGoTo宇宙キャンペーン(うさぎの小雪)
・わたしもね翻弄されて舞う落ち葉(和こころ)

☆タケシのヒント!
「和こころさん、これで3回目の秀逸です。名人昇進です。おめでとうございます!コロナ禍でみんな翻弄されていますが、道に落ちてから結構しぶといのが落ち葉でもあります。しぶとく生き抜いてまいりましょう。」

・遠回り枯れ葉踏む音を聞きたくて(大名人・けんけん)
・GoToに行くはあなたと言う政府(ペンギン)
・霜月に夏日が続くヘンな年(名人 ・はる)
・ダンボール猫と子供はすぐ入る(柳王・入り江わに)
・紅葉の掃く手を止める鮮やかさ(名人・不美子)
・バッハ氏は割と飛沫の飛ぶ名前(柳王・ユリコ)
・大関の喜びを知るカド番で(soji)
・消毒をひたすらしてるおもてなし(名人・ぼうちゃん)
・マッチでも恋の火遊びするんだね(紗月めい)
・菅さんの監視カメラのような両目(しゃま)
・五十路過ぎ宇宙まで行くフロンティア(黒耀舎)
・紅白は横文字だらけ顔知らず(大名人・フーマー)
・駄々こねる自分ファーストだったのね(里山わらび)
・大相撲気になるワあのワンピース(大名人・かたつむり)

100-2.jpg

◎今週の一句・わたしもね翻弄されて舞う落ち葉(和こころ)
◯2席・何ごともなく終わる夜にあった幸(じゅんじゅん)
◯3席・素の自分トイレに置いてさあ仕事(名人・マルコ)

【お知らせ】
コロナ禍にも負けずに9月の終わりから編集作業を行ってきた
毎日新聞の「仲畑流万能川柳ファンブック」109号(12月号)、
この月曜日に校正を終了、あとは印刷するだけとなりました!!
予定通り、12月の初めにはお手音に届きますので、どうぞお楽しみお待ちくださいませ!!

100-3.jpg

【放送後記】
仲畑流万能川柳ファンブックは
基本的には5人で制作しているのですが、
そのうち2人がこのコロナ禍の経済的な理由で
離脱することになってしまいました。
コロナがなければこんなことにならなかったのに……本当に残念です。(タケシ拝)

◆2020年11月25日放送分です。 

100-4.jpg
来週は師走。。。

放送の音源・・・https://youtu.be/XjvI0C91lj0

【お知らせ1】
今年6月1日から7月いっぱいまで募集していました、
第47回沼津市芸術祭 文芸部門「ぬまづ文芸」が発刊になりました!!
受賞された皆様、おめでとうございます!!
ぬまづ文芸は1冊1,000円。
購入申し込みは、沼津文化協会、電話055-952-6597
(月曜を除く平日13:00~16:30) までお願いいたします!!

100-5.jpg


(みなさんの川柳)※敬称略 今週は192句の投稿がありました!
・青い空コロナで疲れ寝かせてよ(初投稿・金太郎丸)
・焼き芋は落ち葉だけではとても無理(東孝案)
・一巻と絵柄が違う最新刊(おむすび)
・起立礼着席君の声が好き(うさぎの小雪)
・ラクじゃないらくらくノート入りません(名人・わこりん)
・庭先のススキが揺れる見て飽きぬ(模名理座)
・ボジョレー飲んでみたけどこんなもの(名人・キジバト交通)
・青空も雲も夕日も無い宇宙(名人・龍龍龍)
・ぱみゅぱみゅに若隆景と黄巻紙(居酒屋たつみ)
・15日溜りの女性(ひと)の違う服(柳王・雷作)
・初恋の人に会わない方がいい(名人・六文銭)
・ポイントにつられ節約また忘れ(名人・やんちゃん)
・ 五つの小も一つオマケに小池の小(司会者=名人・あさひろ)

☆あさひろさんのボツのツボ
「ラジオ万能川柳。192句の投稿ありがとうございます。今週は15才の若者の参加も。新風を吹き込んで下さい。11月22日は“いい夫婦の日” 夫婦関連句も多数。ボツのツボ『相づちの無きにも慣れて夫婦の日』重田愛子さん。結婚生活何年かも解らなくなる頃、不自然さが“自然な関係”になるのかもしれませんね。

・漬物とご飯に納豆昭和の子(じゅんじゅん)
・サポーター見ぬ照ノ富士見てみたい(大名人・東海島田宿)
・土曜日は仕事なんですポテコさん(soji)
・水道代ぎょっとするほど手を洗い(ワイン鍋)
・ああついに菊人形までマスク掛け(名人・不美子)
・GoToは自分いいけど他人はダメ(大名人・荻笑)
・国か都かゆずりあってる時じゃない(ペンギン)
・強すぎるソフトバンクがつまらない(柳王・春爺)
・おいおせちステイホームを知ってるな(柳王・鵜野森マコピイ)
・週明けのだるさにキツイ向かい風(名人・はる)
・軟骨の唐揚げ何羽分想う(名人・ぼうちゃん)
・パンティの前にマスクを剥ぎ取られ(柳王・ユリコ)
・3連休予想通りだどこも密(のりりん)
・ストレスの爆発先の嵐山(しゃま)
・「すごい人」そういう君も旅の人(大名人・けんけん)
・Go to or not go to菅如何に(パリっ子)
・鷹の前子うさぎとなる原巨人(大名人・フーマー)
・忘れてた見上げる事を冬花火(大名人・かたつむり)  

100-6.jpg

・感染が紅葉してる日本中(大名人・アンリ)

☆タケシのヒント!
「『感染が紅葉してる』がとにかくうまい。映像が見えてきますね。感染も早く散って、枯れ葉になってくれると良いのですが……。」

・のちの世に恥じない施策して欲しい(柳王・入り江わに)
・待ったなし看板の綱しめなおし(里山わらび)
・全集中やればできると知るワクチン(名人・マルコ)

100-8.jpg
・いい夫婦亭主黙っていい夫婦(恋するサボテンちゃん)

◎今週の一句
・感染が紅葉してる日本中(大名人・アンリ)
〇2席・「すごい人」そういう君も旅の人(大名人・けんけん)
〇3席・ストレスの爆発先の嵐山(しゃま)

【お知らせ2】
テレビ朝日の「川柳居酒屋なつみ」、先週でウエンツ瑛士さんの放送分が終わり、
今週からは今大人気のお笑い芸人、納言のみゆきさんとラランドのサーヤさんの回がスタートします!!
来年大ブレーク確実の納言とラランドですので、ぜひこの機会に覚えておきましょう!! 

100-7.jpg

【放送後記】
放送が終わってビックリ!!
雨の中、けんけん大名人が遊びに来てくださいました!!
けんけん大名人は今朝2席。アンリ大名人の一句を見るまでは、
秀逸だったのですが、残念!!
秀逸あと1句で柳王昇進のけんけん大名人。
「私には(柳王は)荷が重い」なんて謙遜せず、ますます楽しくご健吟下さいね!!(タケシ拝)
=======================================
71-9.jpg

水野タケシ(みずの・たけし)
1965年生まれ。コピーライター、川柳家。東京都出身。
ブログ「水野タケシの超万能川柳!!」http://ameblo.jp/takeshi-0719/ 





nice!(1)  コメント(3) 

日めくり汀女俳句 №70 [ことだま五七五]

七月二十三日~七月二十五日

       俳句  中村汀女・文  中村一枝

七月二十三日
水中花急ぎ心が開かしむ
          『軒紅梅』 水中花=夏
 汀女が一人っ子であったことをとてもよくわかると思うことがあった。私も十五の年、弟が生まれる迄一人っ子だった。きょうだいと言うふだんの生活での子供同志のふれ合いがないのはとても不幸なことだ。子供はそこでさまざまの人間関係のわざを経験する。体の弱かった私は、ほとんど家の中で大人だけが相手だった。愛され、ちやほやされ、好きな事ができた。私はとても我ままな子だった。
 汀女にも同じ面はあったろう。只彼女の周りにはふんだんに自然があり、子供達もいた。我慢も又教えられた。一人っ子の長所、一つだけある。それは決して意地悪でないこと。

七月二十四比
へらへらとネオンまづ点き蚊喰鳥
            『紅白梅』 蚊喰鳥=夏
 汀女の句集を見ていて夏の項目の中に蚊喰鳥(蝙蝠・こうもり)の句の多いのに驚いた。夫に「昔、この辺にも蝙蝠がいたの?」と聞くと「ああ、そこいら中にいた」という返事だった。今この辺りで蝙蝠など見かけたことはないが、二十年くらい前には近くの大井町駅の引込線の辺りに蝙蝠が住んでいた。今はいかがなのだろう。蝙蝠など山の洞くつに住むものと思いこんでいた私には、蝙蝠が人のざわめく町の周辺をさまよい歩いている光景など想像もつかない。姿形が不気味だからと、つい人はどんどん自然を遠ざけていく。

七月二十五日
ちんどんや疲れてもどる夏の月
           『汀女句集』 夏の月=夏
 ちんどんやを最近見たことがない。町の角からあの独特のリズムと哀愁を帯びたメロディが聞こえるとつい体をゆすりたくなる。
「私、ちんどんや大好き」と言ったら、ちょうどその場に居合わせた古本屋の関口さんが「えっ、奥さんちんどんや好き? 実は私はちんどんやには目がないの」
 関口さんは変人奇人で通る古本屋さんで、文人の知己が多く一寸とした有名人だった。二十年前亡くなったが、ちんどんやの書を開くと、私は関口さん愛用の大ぶりの骨格の自転車と唐草模様の風呂敷が目に浮かぶ。

『日めくり汀女俳句』 邑書林


nice!(1)  コメント(0) 

草木塔 №76 [ことだま五七五]

 孤寒 1

             俳人  種田山頭火

  だまつてあそぶ鳥の一羽が花のなか

  春風の蓑虫ひよいとのぞいた

  ひよいとのぞいて蓑虫は鳴かない

  もらうてもどるあたたかな水のこぼるるを

  とんからとんから何織るうららか

  ひなたはたのしく啼く鳥も蹄かぬ鳥も  


『草木塔』 青空文庫

nice!(1)  コメント(0) 

読む「ラジオ万能川柳」プレミアム №99 [ことだま五七五]

    読む「ラジオ万能川柳」プレミアム☆ 11月4日、11日放送分

       川柳家・コピーライター  水野タケシ

川柳家・水野タケシがパーソナリティーをつとめる、
読んで楽しむ・聴いて楽しむ・創って楽しむ。エフエムさがみの「ラジオ万能川柳」
2020年11月4日放送分です。 

99-1.jpg
今年もあと2か月(汗)

「ラジオ万能川柳」は、エフエムさがみの朝の顔、竹中通義さん(柳名・あさひろ)が
キャスターをつとめる情報番組「モーニングワイド」で、
毎週水曜日9時5分から放送しています。
エフエムさがみ「ラジオ万能川柳」のホームページは、こちらから!
放送の音源・・・https://youtu.be/36_C5V9rsIo

【質問】
みなさまの川柳を読んでいますと、良い川柳というのは、
頭が良くなくてはできないのかなあというため息にも似た疑問が湧いてきます。
頭が良い方が良いのでしょうか?(平谷妙子さん) 

(みなさんの川柳)※敬称略 今週は165句の投稿がありました!
・ファンブックでお会いしました辰五郎さま(名人・重田愛子)
・気が付けば平均以下の金と髪(東孝案)
・ため息をつき過ぎたかな疲れたよ(恵庭弘)
・赤提灯コロナに負けて灯が消える(柳王・入り江わに)
・顔写真二度見されウツ抜け実感(初投稿=ねぎ)
・ソフトバンク スマホのセールやって欲し(名人・グランパ)
・ 100億を10日で稼ぐ炭治郎(おむすび)
・カレンダー今年も2枚になっちゃった(模名理座)
・たたき上げ民の味方と限らない(柳王・雷作)
・食べたいな落ち葉で焼いたさつまいも(名人・キジバト交通)
・句集歌集自費出版だョ辰五郎(辰五郎)
・土曜日も学校?! ピエンをこえパオン(名人・わこりん)
・早口で同時通訳聞き疲れ(大名人・東海島田宿)
・避けていた日向拾って歩くよに(名人・龍龍龍)
・歩けない歩かないから歩けない(大名人・ポテコ)

☆タケシのヒント!
「食欲の秋ということで、食べものの句、そしてダイエット系の句も多く寄せられました。ポテコ大名人の句もダイエット系の一句でしょうか。リフレイン(繰り返し)が効果的で、共感、笑いを誘いますね。」

・捜索をするのもされるのも捜索犬(名人・キャサリン)
・コワいなぁ生体実験始めたよ(大名人・平谷妙子)
・鳥想い眠れなくなる羽毛布団(柳王・光ターン)
・平等に町を照らしたブルームーン(名人・ぼうちゃん)
・仮装した渋谷センター街 サブい(うさぎの小雪)
・厚着して検温ピピピが聞こえない(ワイン鍋)
・コロナ禍で仲違いさえ感染し(じゅんじゅん)
・不祥事と不倫が盛んアスリート(柳王・春爺)
・都会ではハロウィンだなと月愛でる(柳王・ユリコ)
・このくら痩せてみろよとひめくりが(soji)
・逢える日の時計の針はゆっくり目(大名人・けんけん)
・駅伝のタスキが重い名門校(名人・はる)
・ブルームーン鷹と兎を祝福し(パリっ子)
・米選挙先進国と思えない(のりりん)
・課長にはみんなで守るディスタンス(しゃま)
・ヒュンヒュンヒュン良い事あるよ言うヤカン(大名人・かたつむり) 
99-2.jpg
・あの頃を思い出させるヒット曲(大名人・アンリ)
・うちの飯ウマイマズイがあり飽きず(ペンギン)
・はやぶさのワクワク詰めた帰り道(里山わらび)
・東京と同じ仕組みはとらへんで(司会者=名人・あさひろ)

☆あさひろさんのボツのツボ
「ラジオ万能川柳。今週はアメリカ大統領選挙、大阪都構想関連句など165句。コロナ関連句は相変わらず多く、季節の移ろいが感じられる句も。中で、ボツのツボは『山ほどにお金はあるが愛に飢え』やんちゃん。飢えてはいても、なんか、かっこいい!あさひろもこんなフレーズ一度でいいから言ってみたい!」

◎今週の一句・歩けない歩かないから歩けない(大名人・ポテコ)
◯2席・はやぶさのワクワク詰めた帰り道(里山わらび)
◯3席・逢える日の時計の針はゆっくり目(大名人・けんけん)

【お知らせ】
リニューアルオープンした、テレビ朝日の川柳居酒屋なつみ、
ついに10月30日金曜日の深夜0時50分、
タモリ倶楽部の後にスタートしました!!
ゲストはウエンツ瑛士さん!!
リニューアルということで、皆さんものすごく張り切っていましたねえ。
私も大爆笑して、何回も繰り返し見てしまいました
「川柳上達の道のり」なんて新企画もありました。
99-3.jpg

『放送後記】
日曜日や祝日は少し早起きして、
のんびりゆったり朝風呂を楽しみます。
気に入りのラジオを聴きながらお風呂に入っていると「無」になれます。
コロナが収まったらスーパー銭湯に行きたいなあ。(タケシ拝)

○11日の放送です。

99-4.jpg
立冬を過ぎました。。。。
放送の音源・・・https://youtu.be/HrqXW-QYjx0

【質問】
タケシ師匠に質問です。タケシ師匠は、多くの句の中から良い句を選ぶ機会が
多数あると思います。その時のコツを教えていただけますか。(平谷妙子さん) 

(みなさんの川柳)※敬称略 今週は183句の投稿がありました!
・葉が落ちるしかしぜい肉落ちません(初投稿=面食いヅカロック)
・菅さんも養成しているイエスマン(東孝案)
・デジタル化人との会話失くしてき(大名人・平谷妙子)
・今年こそ終わりにしたい年賀状(名人・キジバト交通)
・芋を焼き落ち葉天寿を全うす(うさぎの小雪)
・もう少し生きるつもりの冬支度(名人・重田愛子)
・ストーブを点けずに我慢まだしてる(恵庭弘)
・ 4(フォー)アウトまでと言い張る最終回(柳王・雷作)
・冬隣あたたかマスクに衣装替え(和こころ)
・タケシ師匠アベマのアプリ入れました(居酒屋たつみ)
・トランプの再選阻むエースのジョー(名人・あまでうす)
・妹が生まれ退くスターの座(じゅんじゅん)
・格好よく去ること出来ず悪あがき(名人・六文銭)
・出たくない寒い季節の落ち葉掃き(大名人・ポテコ)
・諦めるきっとあなたは諦めぬ(大名人・アンリ)
・立ち話する人最近増えたなぁ(ワイン鍋)
・プロ野球指名の分だけ斬られゆく(大名人・フーマー)
・なぜ私かくもヤキモキ米選挙(柳王・光ターン)
・心まで換気できそな高い空(里山わらび)
・コメントは差し控えると丁寧に(司会者=名人・あさひろ)

☆あさひろさんのボツのツボ
「ラジオ万能川柳。今週も米大統領のトランプ氏、日本の新首相 菅総理関連句が多くありました。他に季節の移ろいを読んだ秀句も。ボツのツボは 重田愛子さんの『灯油売り愛の賛歌を響かせて』この時期特有の寂寞とした季節感、灯油と愛の賛歌の取り合わせの妙がいいですね。♪あなたぁの燃える手でぇ~」

・人妻と知らず追いかけ来た男(模名理座)
・禁足もニ度目になれどもまた君と(パリっ子)
・大物になると言われてこの体重(大名人・荻笑)

☆タケシのヒント!
「大物は大物でもカラダが大物だった、というのが面白いですね。『太った』『ヤセたい』だけでは句になりません。一工夫、必要なのです。」

・マスクして北風小僧やってくる(柳王・春爺)
・参ったな自分で書いた字が読めぬ(大名人・けんけん)
・墓場まで持ってく秘密また増えた(柳王・入り江わに)
・うちの子のすっぴん見たことない彼氏(名人・ぼうちゃん)
・ちょい油断してるとすぐに月曜日(名人・はる)
・来年もあるのかマスクニスト賞(柳王・ユリコ)
・居酒屋がハナキン復活させてくれ(名人・不美子)
・テレワークメール見たかもメールされ(しゃま)
・流行語くらいは明るい言葉がいい(よっきゅん)
・マスクつけ慣れたら恥ずかしい素顔(ペンギン)
・横綱がいないが普通になってきた(大名人・かたつむり)
99-5.jpg
 
・親分が決まり安堵の菅総理(soji)
・夫よりメラニンが夫人潔い(のりりん)

◎今週の一句・大物になると言われてこの体重(大名人・荻笑)
◯2席・ 4アウトまでと言い張る最終回(柳王・雷作)
◯3席・芋を焼き落ち葉天寿を全うす(うさぎの小雪)

【お知らせ】
今年もやりますよ!!「そこで一句!川柳でふりかえるこの一年」
今年最後の水曜日、30日です!
まあ、今年は押し詰まってからの放送になりますね。
もう大掃除も終わってるかもしれませんから、
ノンビリしみじみ今年を振り返りながらお聴きいただきたいです。
  
99-6.jpg
ラジオの後、今夜はテレビ朝日へ、
「川柳居酒屋なつみ」の収録に参加してきます。
ゲストが2人ということにぎやかな番組になりそう。
楽しみです!!(タケシ拝)
====================================
71-9.jpg
水野タケシ(みずの・たけし)
1965年生まれ。コピーライター、川柳家。東京都出身。
ブログ「水野タケシの超万能川柳!!」http://ameblo.jp/takeshi-0719/ 


nice!(1)  コメント(2) 

日めくり汀女俳句 №69 [ことだま五七五]

七月二十日~七月二十二日

     俳句  中村汀女・文  中村一枝

七月二十日
いづこへか兜虫(かぶとむし)やり登校す
         『汀女句集』 兜虫=夏
 一学期が終わった。新一年生にははじめての通知表。今は評価の仕方もつけ方もいろいろ変わっているらしいが、それでも通知表が新一年生にとって最初の社会の関門であることは間違いない。
 今も昔も子供の通知表の成績に一喜一憂するのは親の習い。私などいい成績などほとんど取らなかったが、五年生で東京から伊東に疎開で転校した途端、ずらっと優が並んでいるではないか。そのうれしかったこと、自分のやったことを認めて貰えた喜び、自信。通知表の意味はひとえにそこにつきるのだ。

七月二十一日
野茨や母は齢(よわい)を日に重ね
         『都鳥』 菜の花=夏
 昭和十九年、戦争は敗色の濃くなる一方でも、汀女は日本の勝利を信じていたのだろうか。
 その年、父平四郎が亡くなった。平四郎との別れも辛かったが、汀女にとって何よりの気がかりは、とうとう母が一人になってしまったということだった。一人娘の切なさを身にしみたであろう。
 この年、長女淳美子が結婚した。空襲はいよいよ激しく物資は窮乏するが、汀女は句を作り続ける。四十四歳という年齢は力も活力も備わっていた。近所中が疎開した中、汀女は東京に息子たちと残ったのだ。

七月二十二日
冷奴故郷の月はとく昇り
        『紅白梅』 冷奴=夏
 珍しく豆腐屋のラッパの音がした。暑い日の夕方、今夜のおかずは?などとたいていの主婦が少々うんざりと考えている時だから、反射的に表へとび出した。以前は自転車で回る豆腐売りを何度か見かけたが最近全く姿を見ない。
 通りには一台の白い乗用車、この車、二カ月ほど前、品川の方で見たことを思い出した。車で豆腐を売って歩く広域商売かと面白がっていたのだ。あっちの家、こっちの家から奥さん達がこぼれ出した。
 この暑さに誰もが同じ思いを。ひやっこい冷奴をたっぷり食べた。

『日めくり汀女俳句』 邑書林


nice!(1)  コメント(0) 

猿若句会秀句選 №111 [ことだま五七五]

              猿若句会2020年10月例会(10月17日)特選句集

            猿若句会会亭  中村信

鮭番屋鱗の光るゴム長靴   川上登美枝
刈田道転がってゐる猫車   高橋 均
久し振り慶事の靴を磨きおり   古明地昭雄
リハビリの父の掌に鳴る鬼胡桃   花柳小春
なかなかに去なぬ刈田の夕童子   丸本 武
銀座線べたら市より帰る人   宮島久代
横浜の港秋晴れ赤い靴   長谷川英夫
流れゆく胡桃どこまでも海までも   大橋一火

◆猿若句会十月例会の特選句集です。
  例によって一句だけ[鮭番屋鱗の光るゴム長靴 登美枝]の短評から始めます。今月の巻頭句は異色と云えば異色でしょか。「鮭番屋の軒先にゴム長靴が干してある。長靴には幾つもの鮭の鱗がこびり付いて光っている。」句意はそんなところでしょうか。問題は「番屋」をどこまで理解して作句されているかでした。席題「靴」(即興)句ですので、焦点は別になっています。そこが問題になりました。何となく「番屋」とはどんなものなのかイメージは他媒体から解かっているような気はします。しかし、それ以上に詳しくは知りません。句会に出席する人は、最低国語辞典と歳時記は携行しています。そこで、早速調べてみますがどれも頼りになりません。最近のスマホは小さな百科典的な機能を持つものもあります。しかし、これもあてになりませんでした。結局は自分の持てる知識の範囲内で、先の句意のイメージをどれだけ広げられるかになります。まさに「群盲、象を撫でる」(失礼)の図です。季語は「番屋」だけなのか? 「鮭番屋」は『デジタル辞泉』の鮭の副題だけにありましたが「鮭の番屋」としか書かれておらず問題になりません。「番屋の大きさは?」「何人くらいはいれるの?」「飲食は出来るの?」どこから仕入れた知識か「女人禁制?」[博打はいつ行われるの?]どんどん俳句とは関係ない方向にいきはじめました。「作者はどこまで知っていて作句しているの?」いい機会がきたと、会亭は機会を逃さず「種々あるでしょが、作者は何方でしょう?」すかさず「網走出身の登美枝です」本人と会亭・久代はわかっていたので沈黙を守っていたのですが解き明かしました。番外編ですが番屋の真実と詳細が明かされました。番屋はあくまでも禁漁の時間中・深夜に、鮭の盗漁を見回るための基点です。以上、一部のノンフィクション入りの番屋解説で終ります。
◆特選以外の秀作・佳作については、新ブログ[パソコミ誌『あ』の電脳版]http://a-houshin.hatenablog.com/に掲載しています。まだテスト版ですが、おいおい充実させてゆくつもりです。ご覧いただき・ご支援ください。




nice!(1)  コメント(0) 
前の20件 | 次の20件 ことだま五七五 ブログトップ