So-net無料ブログ作成
ことだま五七五 ブログトップ
前の20件 | -

日めくり汀女俳句 №44 [ことだま五七五]

五月六日~五月八日

          俳句  中村汀女・文  中村一枝

五月六日
青嵐住みなすといふ日数(ひかず)かな
               『紅白梅』 青嵐=夏
 会社にも学校にも縁がなくなった老夫婦の生活でも、週始めと週末とでは何となく心持ちが違う。若い人が花金(はなきん)とか、花木(はなもく)とかいう夜になると、外へ行くわけでもないのに浮き立ってくるものがある。今や土曜も日曜も関係ない身分なのに、ざわめいている町の空気に乗せられて足の運びも軽やかだ。
 ようやく曜日に関係のない身分になれて気楽だと思っていた矢先、伏兵があった。ゴミの収集である。分別ゴミはいつ、可燃ゴミは、資源ゴミはビンの回収は……。おかげで私の頭のゴミ一覧表は無休で稼働している。

五月七日
エーデルワイスと声に乗せけりたのしげに
        『軒紅梅』 エーデルワイス=夏
 エーデルワイスは日本ではミヤマウスユキ草と同じ品種と言われる。八ヶ岳の高原にも夏になるとよくみかける。先端が細っそりととがった乳白色の目立たない花だがそこはかとない気品が漂う。ひっそりとしているが凛然という気配。
 確かオーストリアの国花だった。
 山の花は園芸栽培された花たちと違って自主独立の精神というか、内に秘めた闘志のようなものがあって、見あきない。
 ひそやかでいて存在感がくっきりしている。冬の風雪にも耐、え、自然のままに生きる花の自信だろうか。

五月八日
兢豆(えんどう)飯灰(ほの)かに灯虫来そめし夜
        『紅白梅』 豆飯=夏 灯虫=夏
 豆のご飯が好きである。塩味で炊いても、薄い醤油味でもいい。豆の青っぽい匂いが炊き上がったご飯にほのかに残るこの味わいがいい。
 終戦直後、幼ななじみの男の子が、突然亡くなった。彼は母親の連れ子で、新しい父親が厳しい人でつらい思いをして育った。当時の貧困な医療事情のせいで手当てが遅れた。
腸閉塞だった。十一歳の少年である。貧しいアパートのミカン箱の上に飾られた人なつっこい笑顔が涙で曇った。あの子が好きだった豆飯を、と出された豆ご飯。塩辛い涙が、お米の中にしみていった。

『日めくり汀女俳句』 邑書林

nice!(0)  コメント(0) 

草木塔 №50 [ことだま五七五]

柿の葉 1

                俳人  種田山頭火

   生野島無坪居
 
 あたたかく草の枯れてゐるなり
 旅は笹山の笹のそよぐのも

   門司埠頭
 
 春潮のテープちぎれてなほも手をふり

   ばいかる丸にて
 
 ふるさとはあの山なみの雪のかがやく

   宝塚へ
 
 春の雪ふる女はまことうつくしい
 あてもない旅の袂草こんなにたまり
 たたずめば風わたる空のとほくとほく


『草木塔』 青空文庫

nice!(1)  コメント(0) 

読む「ラジオ万能川柳」プレミアム №74 [ことだま五七五]

           読む「ラジオ万能川柳」プレミアム☆10月2日、9日放送分

        川柳家・コピーライター  水野タケシ
  
川柳家・水野タケシがパーソナリティーをつとめる、
読んで楽しむ・聴いて楽しむ・創って楽しむ。エフエムさがみの「ラジオ万能川柳」、
2019年10月2日放送分です。

74-1.jpg
ラジオの後はテレビ朝日へ。長ーい一日
ラジオ万能川柳」は、エフエムさがみの朝の顔、竹中通義さん(柳名・あさひろ)が
キャスターをつとめる情報番組「モーニングワイド」で、
毎週水曜日9時5分から放送しています。
エフエムさがみ「ラジオ万能川柳」のホームページは、こちらから!
http://fm839.com/program/p00000281
放送の音源は……https://youtu.be/oefADiPL9bs

【質問】
毎日新聞・仲畑流万能川柳の交流誌「ファンブック104号」が届きました。
素朴な疑問ですが、このファンブック、いつもタケシさんがお一人で制作されているんですか?
もしそうだとしたら、これは大変な作業ですよ。(離らっくすさん)

74-2.jpg
https://youtu.be/oefADiPL9bs

(みなさんの川柳)※敬称略 今週は166句の投句がありました!!
・まとめ買いすぐになくなる酒タバコ(名人・キジバト交通)
・ライバルの酒にこっそり水いれる(初投稿=折鶴翔)
・慎之助今季で引退晋三は?(よっきゅん)
・名人もぼつになるなら仕方ない(和こころ)
・ファンブックとてっちゃん句集お手本に(重田愛子)
・古希過ぎりゃ秀才鈍才みな同じ(昔のジョー)
・関電のばれたら返す袖の下(東孝案)
・店よりもチンするスパの美味いこと(名人・東海島田宿)
・秋がくる前にインフルやって来た(名人・あまでうす)
・ラグビーへ駆け付けファンが駆け付ける(ホッと射て)
・被災地を思えば言えぬ愚痴不満(名人・やんちゃん)
・破綻せず原発マネーのサイクルは(恵庭弘)
☆タケシのヒント!
「関西電力のネタがたくさん届きましたが、この句が一番皮肉が効いてました。原発政策は破綻してしまったのに、原発マネーはいまだに…というのが、いかにも川柳ならではの「うがち」ですね。」

・値上げ前買いだめしたいけど刺身(名人・龍龍龍)
・パンダからピエロになったシンジロー(大名人・秦野てっちゃん)
・CS祝いいっぱいいかがあさひろさん(パリっ子)
・温暖化苦にしないのはトップのみ(大名人・平谷妙子)
・ラグビーで日本中が活気づく(白ポロ)
・土屋さんのサイン誰かに持ってかれ(模名理座)
・閉店のデパートの床走れそう(名人・マルコ)

74-3.jpg

・脳トレをやっているよな消費税(大名人・アキちゃん)
・燃えました何も知らずに燃えました(名人・かたつむり)

74-4.jpg

・セクシーにお送りしますラジ川も(司会者=名人・あさひろ)
・七十年祝うそばでは大暴動(つや姫)
・彼岸花なんだか俺を誘ってる(大名人・春爺)
・若いのに見上げたもんだ屋根直し(たつみ)
・結婚でアイドルなみに人気下げ(大名人・入り江わに)
・こちらこそ季節阪神六連勝(大名人・光ターン)
・ナンなんだ10月なのにこの暑さ(のりりん)
・夢を見たママに抱かれている少女(大名人・けんけん)
☆あさひろさんのボツのツボ!
「ラジオ万能川柳。今週は秀作が多かったね、と師匠。「消費税・ラグビー・原発マネー・環境大臣」などに166句。そんな中でボツのツボは『良い人と人が良いとはチョと違う』けんけん。似て非なるもの、ありますね「悪い親父」にはなりたくありませんが、「ちょい悪オヤジ」にはなってみたい気もします。」

・勝って尚静かに明日を見据える目(ペンギン)
・来世また一緒よと妻ネコに言う(はる)
・増税になる前最後外食へ(名人・ポテコ)
・就任後環境変化身にしみる(里山わらび)
・弁護士が相撲取りにもつく時代(小把瑠都)
・まず風が秋が来たよと知らせに来(ゆうがお)

◎今週の一句・破綻せず原発マネーのサイクルは(恵庭弘)
◯2席・七十年祝うそばでは大暴動(つや姫)
◯3席・セクシーにお送りしますラジ川も(司会者=名人・あさひろ)

【お知らせ】
皆さん、テレビ朝日で大好評放送中の「川柳居酒屋なつみ」ご覧いただいていますでしょうか?
今週は人気ドラマ「相棒」の角田(かくた)課長と青木捜査官のコンビでしたが、
実に味のあるコンビで楽しかったですね。

74-5.jpg

実は今晩テレビ朝日で収録がありまして、
これからテレ朝に行ってまいります!!
今回の収録分から、さらに川柳が重要な役回りとなりそうで、
急きょスタジオに気に来てください、とお声がかかりました。

 【放送後記】
早朝はエフエムさがみ、
夜はテレビ朝日と長い長い一日になりました!!

74-6.jpg

「川柳居酒屋なつみ」はこれからさらに役割が増えそう。
どんな展開になるか、どうぞご注目くださいね!!
(タケシ拝)
=======================================
〇2019年10月9日放送分です。 

74-7.jpg
週末の台風が心配な相模原!!
放送の音源は……https://youtu.be/N2tIB1EQgVI

【話】
先週の水曜日は本当に長い長い一日でした。
まず4時に起きて、一仕事して、朝食をとって、6時過ぎにエフエムさがみに向かいました。
生放送が終わって帰宅。そこからまた通常の仕事をして、
毎日新聞に用があって外出。
毎日新聞から、赤坂にあるテレビ朝日のアーク放送センターに向かいました。
「川柳居酒屋なつみ」の収録の立ち合いです。

74-8.jpg
https://youtu.be/N2tIB1EQgVI

(みなさんの川柳)※敬称略 今週は174句の投句がありました!!
・どこまでを散歩というか徘徊か(重田愛子)
・手土産の底に忍ばす金貨の絵(うさぎの小雪)
・10%(パー)は20%(パー)への通過点(名人・グランパ)
・今の世に小判使うというスゴさ(大名人・雷作)
・英会話出来ずに辞退ノーベル賞(名人・キジバト交通)
・関電も死人に口無し心得て(恵庭弘)
・秋夕焼ちょっぴり丸くなる心(名人・やんちゃん)
・袖の下もとをただせば電気料(東孝案)
・権力がマスク恐れる恐れ入る(名人・東海島田宿)
・停電に雨漏り時代逆戻り(たつみ)
・北風でなく太陽を香港に(名人・荻笑)
・スポーツの秋と威張るが観てるだけ(大名人・光ターン)
・水没の画像を重ね見る東京(名人・龍龍龍)
・天低く台風ばかりやってくる(大名人・入り江わに)
・雑草の庭にススキが2本揺れ(模名理座)
・狙ってる人にはやるな平和賞(小把瑠都)
・愛犬が遺してくれた柳友(とも)とファン(大名人・秦野てっちゃん)
・駅前で善人になる赤い羽根(名人・不美子)
・いじめはねこうと手本を先生が(爽抜天)
・いつもなら捨てちゃうレシート読みふける(よっきゅん)
・シンデレラストーリー生むユーチューブ(柳王・ユリコ)
・熟年の夫婦に欲しい温暖化(ただのおやじ)
・オーカネダヒロオカ昭和遠くなり(名人・フーマー)
・有難うまず底を見るお菓子箱(大名人・けんけん)
・少しずつルール覚える日本人(大名人・アンリ)
・AIと競わない職探す孫(名人・マルコ)
・豪快にやったるでーと天上へ(里山わらび)
・レジの子が言うまま払う消費税(はる)
☆タケシのヒント!
「複雑すぎてわかりにくい、新しい消費税。声高に批判するのではなく、句の余白に皮肉がこめられています。」

・連休に来る台風の嫉妬心(クッピー)
・来年は絶対絶対来年は(パリっ子)
・ノックオン解らないけど興奮し(司会者=名人・あさひろ)
☆あさひろさんのボツのツボ!
「ラジオ万能川柳。174の投句、有難うございます。今週は、ラグビーワールドカップ、原発マネー、香港の民衆デモ、台風19号関連句が特に多くありました。中国の覆面禁止法に対する香港デモに共感の句も。ボツの壺『カツラでも覆面と言って止められる』恋するサボテンちゃん。じゃあ、あの子のお化粧も?」

・「サンマですね」と来る回覧板(名人・かたつむり)

74-9.jpg

・母と娘(こ)の断捨離思い出邪魔をする(ゆうがお)
・今週はラグビーネタが8割か(のりりん)

◎今週の一句・レジの子が言うまま払う消費税(はる)
◯2席・豪快にやったるでーと天上へ(里山わらび)
◯3席・連休に来る台風の嫉妬心(クッピー)

【お知らせ】
皆さん、冒頭でもお話ししましたが、テレビ朝日で大好評放送中の
「川柳居酒屋なつみ」ご覧いただいていますでしょうか?
来週と再来週は、去年「おっさんずラブ」が流行語にもなった
人気ドラマ「おっさんずラブ」から俳優の戸次重幸さんと千葉雄大さんが出演!!
ムロさんと戸次さん、千葉さんが番組初の企画「川柳対決」を行います!!
2回勝負をしますよ!!

74-10.jpg

 【放送後記】
またまた台風が来てますね。
12日には私主宰の句会があるのですが、
台風19号が直撃しそう。天気予報を見ては、頭を悩ませています。
皆さまもどうぞご安全に!!
(タケシ拝)

=======================================
  水野タケシ(みずの・たけし)

71-9.jpg

 1965年生まれ。コピーライター、川柳家。東京都出身。
 著書に「水野タケシ三〇〇選」(毎日新聞東京センター)、
「いちばんやさしい!楽しい!シルバー川柳入門」(河出書房新社)、
「これから始める俳句・川柳いちばんやさしい入門書」(神野紗希さんとの共著、池田書店)。


nice!(1)  コメント(2) 

日めくり汀女俳句Ⅱ №43 [ことだま五七五]

五月三日~五月五日

         俳句  中村汀女・文  中村一枝

五月三日
今昔(いまむかし)西日の海や青草や
        『薔薇粧ふ』 西日=夏 青草=夏
 憲法記念日の影が年々薄くなる。私たちの年代になると平和の有難さは身にしみている。この憲法で守られてきたものがあると考えたくなるのだ。戦争放棄なんて堂々とうたい上げている憲法など、めったにあるものではない。それだけだって影の薄い憲法などと思いたくないのだ。
 アメリカにいやいや押しっけられ、体に合わない不自由な洋服を着せられたという説もあるらしいが。
 今は洋服を着る国民の側が背丈も伸び、心も体も以前よりぐんと自由になった。憲法の着心地のよさを充分味わっている気がする。

五月四日
真上なる鯉幟(こいのぼり)まづ誘ひけり
             『汀女句集』 鯉職=夏

 雛祭の雛は大人になっても飾るが、鯉職は大人になるとまず立てない家が多い。
 最近なのか、もう前からなのか、不用になった鯉職を集めて、広い河原などに何百という鯉を泳がせているところがあるらしい。
 私の行く八ヶ岳高原でも、毎年へんぽんとひるがえる鯉職を見る。
形も色も様々な鯉職が広い田圃の上に悠々と泳いでいると、これぞ鯉職と思い、気持ちまで広がって、気分も壮大となる。
 飾り付けは大変だろうが、それまでちまちました路地奥やベランダなどで、ささやかにゆれていた鯉臓は今大空にひるがえって満足気だった。

五月五日
菖蒲湯(しょうぶゆ)を拭(ぬぐ)ひもあへず出づ子等と
            『汀女句集』 菖蒲揚=夏

 スーパーの店先に菖蒲が積み上げられている。百円とか百五十円とか、今も菖蒲湯に入る若い人もいるのだろうか。
 私が伊東に疎開していた頃、隣の大家さんの家に貰い湯に行った。伊東だからそこのお湯も当然温泉。二十畳くらいの広いタイル張りの浴室には浴槽が二つあり、近所の人もよく貴い湯にきた。当然混浴だった。風呂場は地下一階にあり、浴場のガラス窓をあけると、まわりは鯉の泳ぐ水槽があり、斜面は一面の花や木が植え込まれていた。五月近くなると紫色の菖蒲が花をつける。風呂につかりながらそれを眺めているのは賛沢な気分だった。


『日めくり汀女俳句』 邑書林

nice!(1)  コメント(0) 

猿若句会秀句選 №101 [ことだま五七五]

猿若句会特選句集 101(2019年9月21日)

                 猿若句会会亭  中村 信

 首筋に後れ毛繋り秋日傘  児玉竹子
 種バレの二時間ドラマ見る夜長  丸本 武
 台風の暴れし跡の闇深し  長谷川英夫
 心配の種は尽きねど南瓜煮る  宮島久代
 新涼やイエスは永遠に首をたれ  中村克久
 追加して新蕎麦二枚啜りけり  高橋 均
 デラシネや帰り損ねた海猫と居る  中村呆信
 山越えや芒の向こう富士の山  原 健一

◆猿若句会九月例会の特選句集です。例によって一句だけの短評から始めます。
[短評] [首筋に後れ毛繋り秋日傘 竹子]。今月は出席者11名全員が、全て別な句を特選に選んでいたと云う稀なケースの例会でした。掲句(と次句)が特選一句と並選四句で巻頭になりました。たまたま個性的な句が多く出句されたのか、傑出された句が無かったので選ぶのに困惑したのか、いずれにしても早目に究明しなければ今後に禍根を残すことになると思います。席題は「新蕎麦」「種」でしたのでそう難しかったことはなかったと思いますが、兼題の「首」には大分苦労したみたいです。掲句はその一つなのですが如何でしょう。句意を見てみようとするとその苦労がにじみでているようです。季語の「秋日傘」が=「秋日傘の女人」の意味の擬人化なのでしょうか。上五・中七が下五の描写だとすると、「首筋に後れ毛が繋っている」では平凡すぎます。取り合わせだとすると付き過ぎで何の面白みもないようです。それよりも兼題が「首」だったので「首筋」になったのでしょうか。首筋では言葉の示す範囲が広すぎるようです。「うなじ」と云う適切な言葉があります、兼題の首を使うのでしたら「襟首」と措辞の対象を限定する言葉もあります。私的趣味だといわれるかもしれませんが首筋という語感も気にいりません。この句の選者の方々、その辺は気にならなかったでしょうか。
申し訳ありませんが、実は当日急に腹痛をおこして句会直前に休会せざるをえなくなりました。少々無責任な評になったきらいがありましたらご容赦ください。
◆句会での特選以外の秀作・佳作については、旧来の「中村信のホームページ《あ》」が更新できずにいましたので、新しくブログを作ってみました。[パソコミ誌『あ』の電脳版]
http://a-houshin.hatenablog.com/です。ご覧ください。(ただし、まだテスト版に近いものです、おいおい充実させてゆくつもりです。)ご覧いただき・ご支援ください。


nice!(1)  コメント(0) 

読む「ラジオ万能川柳」プレミアム №73 [ことだま五七五]

            読む「ラジオ万能川柳」プレミアム☆9月18日、25日放送分

         川柳家・コピーライター  水野タケシ
  
川柳家・水野タケシがパーソナリティーをつとめる、
読んで楽しむ・聴いて楽しむ・創って楽しむ。エフエムさがみの「ラジオ万能川柳」
2019年9月18日放送分です。

73-1.jpg
次はラジ川の年末特番でお耳にかかりましょう!(byメン子ちゃん)

「ラジオ万能川柳」は、エフエムさがみの朝の顔、竹中通義さん(柳名・あさひろ)が
キャスターをつとめる情報番組「モーニングワイド」で、
毎週水曜日9時5分から放送しています。
エフエムさがみ「ラジオ万能川柳」のホームページは、こちらから!
http://fm839.com/program/p00000281
放送の音源は……https://youtu.be/2eTkR3Peglk

【質問】
最近、色々な事があり、気分がマイナス思考になってきています。
楽しい川柳づくりができずモヤモヤした心の中をスッキリさせるために、
ブラックユーモア風に作る事はできますか?(ポテコ)
https://youtu.be/2eTkR3Peglk

(みなさんの川柳)※敬称略 今週は185句の投句がありました!!
・坊ちゃまが坊ちゃま出汁にする目玉(ホッと射て)

☆あさひろさんのボツのツボ!
「ラジオ万能川柳。台風15号・安部再改造内閣題材句が多くありました。今朝の新聞のコラムに「閣僚の顔ぶれを見ても、台風災害の対応を見てもこの内閣の水準の低さを感じる」と。今週の秀逸氏はその両方を読み込む。ボツのツボは『首だけを変える政治が変わらない』(ホッと射て)今週もメン子ちゃんと。」
・まだ10%???フランス既に20%(パリっ子)
・台風に化けの皮まで剥がされる(うさぎの小雪)

☆タケシのヒント!
「うがってます。台風の被害対策そっちのけで組閣する世間との感覚のズレ、知事の頼りなさ、進次郎議員ばかり追いかけるテレビの見識のなさ、等々いろいろなものの化けの皮を剥がした台風15号でした。」

・電車内席を譲られムッとする(名人・キジバト交通)
・温暖化北海道でブリ大漁(恵庭弘)
・同窓会病気自慢に広瀬すず(司会者=名人・あさひろ)
・台風に森田健作竹刀振り(大名人・平谷妙子)
・来場所の優勝のため休みます(名人・龍龍龍)
・適材が適所にいない新布陣(名人・グランパ)
・被災地を思う普通のありがたさ(大名人・アキちゃん)
・停電ですべて電気と教えられ(爽抜天)
・彼岸来るのに咲いてないヒガンバナ(大名人・雷作)
・大停電なのにテレビは進次郎(大名人・入り江わに)
・収穫前なのに台風くるなんて(模名理座)
・天気より電気予報の難しさ(里山わらび)
・進次郎やれるものならやってみて(大名人・光ターン)
・想定外またそんなこと言っている(名人・荻笑)
・台風のお陰で知った友のよさ(ペンギン)
・エイサーで町田もりあげ終わる夏(ゲスト・メン子ちゃん)
・国籍をとって相撲はとらぬ場所(soji)
・おばさんのバッグにゃ三角レジ袋(名人・不美子)
・暑いけど日陰しっかり秋の風(はる)
・ついて行けんポイントだとかペイだとか(柳王・ユリコ)
・失速はしたが設楽の小気味よさ(名人・フーマー)
・初入選お祝いの声噛み締める(大名人・アンリ)
・アスリート綺麗になると引退説(大名人・けんけん)
・久々に男子マラソン興奮し(のりりん)
・代表にほしい設楽の志(クッピー)
・めんこいが美人に変わるお年頃(名人・かたつむり)
・台風が残した課題難題に(名人・ポテコ)

73-2.jpg

・日を浴びて洗濯物が嬉しそう(ゆうがお)

◎今週の一句・台風に化けの皮まで剥がされる(うさぎの小雪)
◯2席・台風に森田健作竹刀振り(大名人・平谷妙子)
◯3席・台風のお陰で知った友の良さ(ペンギン)

 【放送後記】
珍しく、本当に珍しく、鼻かぜをひいてしまいました。
夏の疲れが出やすい季節、皆さまどうぞ、無理をなさらず、ご自愛くださいね!!
(タケシ拝)
=======================================
〇2019年9月25日放送分です。  

73-5.jpg
メン子ちゃんがいなくて、どこかアンニュイな二人

[話】
相模原近隣の方以外は、なんのこっちゃ?かもしれませんが、
9月いっぱいで相模大野の伊勢丹が30年の歴史に幕を下ろします。
今日は伊勢丹の話をさせてください。
私の話によく出てくるコピーの師匠、
土屋耕一先生は、広告業界では「伊勢丹の土屋さん」で有名でした。
伊勢丹の広告はほぼ、土屋先生がつくっていたか、監修されていました。
https://youtu.be/h_O_xlrin8Y

(みなさんの川柳)※敬称略 今週は177句の投句がありました!!
 ・師匠の名一時停止で強く見る(重田愛子)
・遠藤に少し妬いてる北の富士(大名人・平谷妙子)
・老人が介護しているされている(大名人・春爺)
・スポーツが一面飾る平和かな(キャサリン)

☆タケシのヒント!
「キャサリンさん、これで3回目の秀逸、名人昇進です。おめでとうございます!共感の一句。なんとなく心が晴れない出来事が多い昨今、スポーツに癒されている方も多いのではないでしょうか。」

・台風が実りの秋を蹴り倒す(名人・やんちゃん)
・来週のこの時間もう10%だ(名人・あまでうす)
・痛みきえスタスタ歩くCMの(名人・東海島田宿)
・懐かしい開店当時の混雑が(キジバト交通)
・トンコレラ阿鼻叫喚の地獄絵図(ただのおやじ)
・鬼は外いいえあの子の家の中(大名人・入り江わに)
・イチモツの意味を聞かれたパパの顔(うさぎの小雪)
・ホテルイン非常口よりトイレどこ(サツマフジ)
・水を得て万の花咲くアンリさん(大名人・アキちゃん)

・今場所も杉山さんを見ぬ画面(模名理座)

☆あさひろさんのボツのツボ!
「ラジオ万能川柳。あさひろは、今昼ドラマ「やすらぎの刻」にはまってます。二つの時代を行ったり来たりの複雑な展開。石坂浩二の父役で梅宮辰夫が「霊界ではTVドラマの視聴率1位は、やすらぎの刻ではなく『ポツンと一軒家』だ」と。倉本聡さすが。没の壺『予想超える展開ポツンと一軒家』模名理座。」

・つまみ食い味の決め手は罪悪感(名人・不美子)
・無罪でも責任が無いわけじゃない(司会者=名人・あさひろ)
・ラグビーはルール知らねどオモシロイ(大名人・光ターン)
・ラジ川に新顔増えて俺はボツ(小把瑠都)
・我が財布チャージ前もうキャッシュレス(たつみ)
・どっと客伊勢丹の灯を惜しむよに(里山わらび)
・バスタイムすこーし長くなって秋(柳王・ユリコ)
・セクシーと地球環境訳わからん(爽抜天)
・父のマネ上手くなったね進次郎(ナナチワワ)
・高級魚ウナギの次はサンマかい?(恵庭弘)
・運動会青いミカンの頃だった(はる)
・にょきにょきと急に出てくる彼岸花(のりりん)
・ラグビーのルールは知らんが頑張って(よっきゅん)
・地球はひとつボールもひとつ(大名人・けんけん)
・声援を力に変えるしぶこ節(大名人・アンリ)
・のんびりと流れる雲を見る至福(味野素子)
・ご近所をご近所にした15号(ペンギン)
・巨人勝ち主人の愚痴がなくなった(名人・ポテコ)
・恐いもの親父を抜かし台風に(恋するサボテン)
・ラジ川を聴いてくださりありがとう(メン子ちゃん)
・アナログ派サバイバルには強そうだ(ゆうがお)

◎今週の一句・スポーツが一面飾る平和かな(キャサリン)
◯2席・にょきにょきと急に出てくる彼岸花(のりりん)
◯3席・懐かしい開店当時の混雑が(名人・キジバト交通)

【お知らせ】
6月下旬から編集作業を行ってきた
毎日新聞「仲畑流万能川柳ファンブック」104号(9月号)、
ついに刊行しました!!あざやかなオレンジ色の憎いやつです!!

73-3.jpg

この9月号は、5月に行われた、第24回仲畑流万能川柳・強運者の集いの特集号です!!
あさひろさんのお写真も出ています

 【放送後記】
まだ暑い日が続きますが、
来週からはもう10月、今年ももう3カ月です!!
早い、早すぎる……。

73-4.jpg
やっと彼岸花!!

年末には恒例の年末特番をお送りする予定です!!
皆様ますます楽しく奮ってご投稿くださいませ!!
(タケシ拝)
=======================================
  水野タケシ(みずの・たけし)

71-9.jpg
1965年生まれ。コピーライター、川柳家。東京都出身。
著書に「水野タケシ三〇〇選」(毎日新聞東京センター)、
「いちばんやさしい!楽しい!シルバー川柳入門」(河出書房新社)、
「これから始める俳句・川柳いちばんやさしい入門書」(神野紗希さんとの共著、池田書店)。


nice!(1)  コメント(8) 

日めくり汀女俳句 №38 [ことだま五七五]

四月三十日~五月二日

         俳句  中村汀女・文  中村一枝

四月三十日
山の名はただ向山(むこやま)や麦青む
              『半生』 麦青む=春
 「近頃の新婚旅行事情ってあるのかなあ」
 長い間旅行社に勤めている友人に聞いてみた。
 「今迄とは違った形態とか、変わった行き先ってないの?」
 「たまにはあるけど、今でも行く先はハワイ が一番、それもね最近は家族ぐるみで行って向うでお式や披露あげちゃうのが多いわ」
 今のカップルは新婚旅行ではじめて愛を誓うなんて殆どいない。既に愛を交し合い時にはお腹に忍ばせていたりする。いわば新婚旅行は愛情の仕上げであり、総点検でもある。
 だから、最後のチェックに引っかかって成田 離婚も又あるわけなのだ。

五月一日
メーデーに誰れ彼れ行きし麦の蝶
         『花影』 メーデ1=春 蝶=春
 いつの五月一日だったか、明治神宮外苑の近くをバスで通ったことがあった。人が舗道にはみ出しそうに楽しげに歩いていて、何かのお祭りかと思った。その中の何人かがプラカードを持っている。
「メーデーだよ。ほう、人が出てるな」。
 バスの乗客たちはひとごとのようにのどかにつぶやいていた。
 世の中にふんまんの種は累積しているのに皆が共存共栄というまやかしの輪の中で何となしに生きている。なあなあ、とか、ほどほど、そこそこ、その手の言葉のあいまいさの上に私たちの国はいつもある。

五月二日
矢車の止りいくつも止り居り
             『汀女句集』 矢車=夏
 家の前の狭い道は今、小学校低学年、幼稚園の子でにぎやかだ。三十年前はわが家もそうだった。当時の子供たちがみな、父親母親になっている。
 男の子みたいだった女の子がとてもいいお母さんになっていたり、気弱で温和しげを男の子がしっかり者の奥さんを貰っているのを見たりするのは楽しい。誰にも子供の日があったことを、大人にはもう一度思い出してもらいたい。
 今、一番ないもの、そこいら中ふんだんにあった自由な時間と空間、きらきらした夢を子供たちに返してあげたい。


『日めくり汀女俳句』 邑書林

nice!(0)  コメント(0) 

草木等 №48 [ことだま五七五]

千人風呂 6

               俳人  種田山頭火

 重荷を負うてめくらである

 つくつくぼうしあまりにちかくつくつくぼうし

 柿の木のむかうから月が柿の木のうへ

 寝床へ日がさす柿の葉や萱の穂や

 何か足らないものがある落葉する


『草木塔』 青空文庫


nice!(0)  コメント(0) 

読む「ラジオ万能川柳」プレミアム №72 [ことだま五七五]

              読む「ラジオ万能川柳」プレミアム☆9月4日、11日放送分

         川柳家・コピーライター  水野タケシ
  
川柳家・水野タケシがパーソナリティーをつとめる、
読んで楽しむ・聴いて楽しむ・創って楽しむ。エフエムさがみの「ラジオ万能川柳」
2019年9月4日放送分です。
 
72-1.jpg
今朝は涼しい相模原!!

「ラジオ万能川柳」は、エフエムさがみの朝の顔、竹中通義さん(柳名・あさひろ)が
キャスターをつとめる情報番組「モーニングワイド」で、
毎週水曜日9時5分から放送しています。
エフエムさがみ「ラジオ万能川柳」のホームページは、こちらから!
http://fm839.com/program/p00000281
放送の音源は……https://youtu.be/rzt9C3PkDWI

【質問】
五・七・五が定型フォームの川柳ですが、私は武玉川(むたまがわ)流の七・七句にもにも味わい深さを感じます。
仲畑流では恵庭弘さんがその名手として知られ、また、かつて荻笑さんが七・七句で月間賞を受賞されたのを機に、
私も積極的に挑戦しているのですが、これまで500以上投句して二句しか入賞できません。
私には七・七句のセンスがないのか、あるいは「お前は五・七・五で行け」という仲畑さんからのメッセ―ジなのか。
ラジ川への七・七句での投句も含め、タケシ師匠のアドバイスをお願いいたします。(小把瑠都さん)
https://youtu.be/rzt9C3PkDWI

(みなさんの川柳)※敬称略 今週は187句の投句がありました!!
 ・秋雨に涙も枯れる避難指示(ただのおっさん)
・いつも会う散歩道一人いなくなる(昔のジョー)
・新学期上靴新調3人分(和こころ)
・そんなにもオシャレじやないぞイモの粉(司会者=名人・あさひろ)

☆あさひろさんのボツのツボ!
「ラジ川。秋の気配を感じます。皆さんの投句の中にも季節の移ろいを読み込んだ句が多数。先週、大船渡港にサンマの初水揚げ。外国の大型漁船の一網打尽漁法の影響か小ぶりで脂の乗りも今ひとつとの事。そこでボツのツボ『痩せるほど追われたのかいサンマさん』(里山わらび)えっ!明石家の事だったの?」

・傷跡の数で人間深くなる(初投稿=小林和喜子)
・アマゾンの火災で熱くなる地球(大名人・秦野てっちゃん)
・ドラマを左右 子役の演技(名人・東海島田宿)
・二百円以下になるのを待つ秋刀魚(大名人・光ターン)
・長電話大事な事は言い忘れ(名人・やんちゃん)
・パソコンの恐怖症今依存症(東孝案)
・秋の日のつるべが何かわからない(名人・キジバト交通)
・人柄も声もいいですあさひろ氏(名人・六文銭)
・イイ事もたまにあったね六十年(名人・あまでうす)
・嫌韓も好韓もいていいんじゃない(名人・グランパ)
・女風呂おとこのような声がする(大名人・平谷妙子)
・こんな時だからこそ会う人と人(名人・マルコ)

72-2.jpg

☆タケシのヒント!
「いろいろなことを考えさせられる句です。たとえば、日韓関係。草の根交流もさらに大切になるでしょう。トップ同士も会って、お酒でも飲んで話し合ったら、案外すぐに解決するかもしれませんよ。」

・天も地もその真ん中も黄信号(大名人・けんけん)
・消費税酒の10パー大反対(名人・フーマー)
・超ちいさい超超ちいさい秋見つけ(のりりん)
・今月は要らんものまで買いそうだ(ペンギン)
・親友に会うたび積もる昔話(あのころが)(メン子ちゃん)
・8月の末で契約終わるセミ(柳王・ユリコ)
・宿題が無けりゃ楽しいままなのに(soji)
・この夏もディープなキスは蚊ばっかり(爽抜天)
・虫や草雲や指にもちょっと秋(名人・荻笑)
・子離れをしないと親離れしない(ホッと射て) (添削例)子離れをしないとしない親離れ
・吹く風が次の季節を連れてくる(重田愛子)
・増税セール あおられてます(名人・かたつむり) 

72-3.jpg

・困ったな使うと痛くなる頭(はる)
・朝だけは虫の音色で癒やされて(大名人・アンリ)
・本当に優勝しちゃっていんですか(パリっ)
・レシートの裏に一句を書き留める(模名理座)
・ダンボール大きさのわりに軽い品(うさぎの小雪)
・家電品故障ウイルスあるらしい(ゆうがお)

◎今週の一句・こんな時だからこそ会う人と人(名人・マルコ)
○2席・天も地もその真ん中も黄信号(大名人・けんけん)
○3席・吹く風が次の季節を連れてくる(重田愛子)

 【放送後記】
夏の終わり、木漏れ日の森は、ヒグラシの大合唱のなのですが、
今年は一度も聞きませんでした。
この暑さ、蝉たちにとっても生きづらいのかもしれないですね。 

72-4.jpg
   (タケシ拝)
=======================================
〇2019年9月11日放送分です。

72-5.jpg
ラジ川の特番でおなじみのメン子ちゃんと!
メン子ちゃんへの応援メッセージもお願いします!!

放送の音源は……https://youtu.be/rVL2T_BOT9o

【質問】
こんにちは、水野タケシさんは、川柳作家でもあり、俳人でもあり、コピーライターです。

タケシさんにとって、それぞれの師匠はどなたですか?

タケシさんの川柳の師匠は、われわれにとって大師匠に当たりますね。(離らっくすさん)
https://youtu.be/rVL2T_BOT9o

多比羅孝先生のウエブコラム「往きは良い良い、帰りは……物語」はコチラから
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2019-08-27-5

(みなさんの川柳)※敬称略 今週は167句の投句がありました!!
・マドンナも年には勝てず夢壊す(東孝案)
・スマホより夫婦に欲しい充電器(名人・やんちゃん)
・ラジ川の締め切り火曜八時まで(和こころ)
・サイカワよオマエもかってブルータス(名人・グランパ)
・マイストロー持っていますよタケシさん(大名人・平谷妙子)
・待っている蚊を連れてくる配達員(模名理座)
・夕焼けの雲にもドラマある様な(重田愛子)
・又一つイイ事あった六十歳(名人・あまでうす)
・香港に教わる自由民主主義(名人・マルコ)
・肥えるのも人間だもの秋だもの(大名人・光ターン)
・診察は「リハビリ続けましょう」だけ(名人・龍龍龍)
・ハイと出す入閣待ちの整理券(小把瑠都)
・台風がお土産置いて旅に出た(白ポロ)
・G7ペーパーレス化を率先し(司会者=名人・あさひろ)

☆タケシのヒント!
「ラジオ万能川柳。年末特番以来のメンコちゃんをゲストに迎え、三人でお送りいたしました。コーナー前半、あさひろの無駄話(つっこみ?)が多いため番組後半はいつも押せ押せ!今週も師匠にせかされる。最近は、リスナーもよくご存知で、ボツのツボは『早く出すコメントいっぱい欲しいから』パリっ子。」

・増税が令和に昭和背負わせる(大名人・入り江わに)
・お盆すぎあれまたすぐにもう彼岸(たつみ)
・大臣のふるいかけられこぼれ落ち(名人・東海島田宿)
・売れちゃうと過去を探るよ文春砲(よっきゅん)
・脆いもの夫婦の仲と電化都市(ペンギン)
・産まれたか何言ってるの台風よ(名人・鵜野森マコピイ)

☆タケシのヒント!
「鵜野森マコピイさん、これで5回目の秀逸、大名人昇進です!おめでとうござきます!ご夫婦での会話でしょうか。何ともおかしい、トボケた味わいがありますね。」

・増税に駆け込む気さえ起きぬ秋(soji)
・キラキラが胸に刺さるよな虐待(爽抜天)
・消費税軽減できぬレジ負担(里山わらび)
・温暖化自然災害脅威増し(はる)
・横浜よその横浜のままでいて(名人・不美子)
・川柳で日韓仲良くさせたいな(柳王・ユリコ)
・横綱も日本人だと弱くなり(名人・フーマー)
・還暦でアマデウスさんと同い年(大名人・アンリ)
・さりげない主人の言葉心しみ(名人・ポテコ)
・おばさんのマネキンだって欲しいよね(大名人・けんけん)
・勤め人見えない糸で縛られる(名人・キジバト交通)
・失言し失言せぬと失言し(キャサリン)
・韓流のドラマ展開面白い(味野素子)
・顔エクササイズするよに喋る人(ゆうがお)
・我が家にはツバメ来ないがヤモリ居る(のりりん)

◎今週の一句・産まれたか何言ってるの台風よ(名人・鵜野森マコピイ)
◯2席・脆いもの夫婦の仲と電化都市(ペンギン)
◯3席・勤め人見えない糸で縛られる(名人・キジバト交通)

【お知らせ】

6月下旬から編集作業を行ってきた
毎日新聞「仲畑流万能川柳ファンブック」104号(9月号)、
ついに刊行しました!!あざやかなオレンジ色の憎いやつです!!

72-6.jpg

さきほど、あさひろさんとメン子ちゃんにも差し上げましたが、
この9月号は、5月に行われた、第24回仲畑流万能川柳・強運者の集いの特集号です!!
あさひろさんのお写真も出ていますし、メン子ちゃんの句も載っています。
その他、ラジ川で有名な方々の写真や句がたくさん載っています!!
ヒットメーカ対談や万柳道場、「お便りコーナー」などなど、
読むだけで川柳がうまくなる連載が山盛り。
毎日新聞「仲畑流ファンブック104号」ぜひ、よろしくお願いいたします!!

 【放送後記】
台風15号の傷跡が残る木漏れ日の森。
これからが本当の台風シーズンですね。
皆さん、気を引き締めて乗り越えましょう!! 
 
72-7.jpg
      (タケシ拝)
=======================================
71-9.jpg
  水野タケシ(みずの・たけし)
1965年生まれ。コピーライター、川柳家。東京都出身。
著書に「水野タケシ三〇〇選」(毎日新聞東京センター)、
「いちばんやさしい!楽しい!シルバー川柳入門」(河出書房新社)、
「これから始める俳句・川柳いちばんやさしい入門書」(神野紗希さんとの共著、池田書店)。


nice!(1)  コメント(2) 

日めくり汀女俳句 №37 [ことだま五七五]

四月二十七日~四月二十九日

         俳句  中村汀女・文  中村一枝

四月二十七日
行春(ゆくはr)や別れし船のなほ沖に
             『春雪』 行く審=春
 尾崎一雄氏の長女一枝さんと、私とは同姓同名で一つ違いである。
 二人の父親は「親馬鹿の記」「真説親馬鹿の記」などという作品を書いたり、二人が大人になった時を肴にして楽しんでいた。父親達の想像以上で、私達は一年違いで同じ大学の文科に入り、そのためにしばしば、学生達から、そそっかしい間違いをされて、こちらの方が身の縮まる思いをした。今は姓が違った二人の一枝は、時に顔を合わせ、父親達が、会っていた頃の年齢をとうに超えてしまったことに驚いたり、愕然としたりしている。

四月二十八日
初蝶や箒(ほうき)目に庭よみがへり
             『薔薇粧ふ』 初蝶=春
 今年のゴールデンウイークは空前の人出だろうと、新開などで予想している。あれって外出をあおられているような気がする。
 私は前から連休は大掃除と決めている。というと、いかにも綺麗好きで働き者の主婦に思えるが、実はその反対。一に料理、二に洗濯、ずーっと触れて掃除、というくらい掃除や整理が苦手なのだ。
「また、置きっ放しにする」子供の時から今日まで言われ続けている。あるべき場所に物を戻しておく、これが整理の大ようてい。これを怠った揚げ句、いつも足の踏み場がなくなるのだ。

四月二十九日
すみれ濃し部屋の温度にかかはれば
              『薔薇粧ふ』 童=春
「無駄だ、不必要だ」と言われながらも未だに続いているのが結婚式の引出物。ほとんどが使われないまま、物入れの奥で時を経ている。葬儀では最近、一括して事業や施設に寄附したりもするが結婚式では余り開かない。
 幸福のお裾分けという気持ちもわかる。私など、ウエディングケーキ、二、三片に会場の花でも添えたら充分と思うのだが、そうもいかないのが世の習いらしい。


『日めくり汀女俳句』 邑書林
「私、三万円もはずんだのに、これじゃあ、みっともなくって」「何貰えるか、楽しみに
してたのにねえ」「お赤飯もねり切りも欲しかった」 おばさん達の欲はつきない。

nice!(1)  コメント(0) 

猿若句会秀句選 №100 [ことだま五七五]

猿若句会特選句集 100(2019年8月17日)

             猿若句会亭  中村 信

 ロシア文字溢るる島の墓洗ふ  丸本 武
 どの子にも頼るあてなし鰯雲  高橋 均
 田の神に一献捧ぐ秋祭  中村克久
 大太鼓初御披露目の秋祭  児玉竹子
 叱られて上眼づかいに蜻蛉見る  宮島久代
 ソーダ水透けて見えるは貨物船  伊藤 理
 黒き雲切裂き一閃稲光  柴田弘道
 すすり泣く胡弓遠音に風の盆  花柳小春

◆猿若句会八月例会の特選句集です。例によって一句だけの短評から始めます。
[短評] [ロシア文字溢るる島の墓洗ふ 武]。今月の巻頭句が掲句です。読み流してしまうと、句意に誤解が生まれます。「ロシア文字が溢れているのは」「島」であって「墓」ではありません。私の乏しい知識で解釈すると、[いまだ返還ならない北方四島への墓参団に参加出来て、やっと墓参が叶った。]が句意でしょう。新聞・TVなどの報道による知識によれば、墓参団に参加すること自体が機会も少なく募集人数も制限が厳しく簡単には参加が出来ないようです。とするとテーマ的には結構重い句になると言えるでしょう。とすれればなおさら「ロシア文字溢るる」が島の措辞としては異質のような気がします。仮にこの措辞が本人にとって印象的だったにしても島の措辞に九文字も使ってしまうのは勿体なく、肝心の「墓洗う」の季語の印象が薄くしてます。そもそも「墓洗う」の日本的風習の季語で締めるのは、俳句的ではあっても現実感が乏しいと感じます。誰の墓かもそれほど特定できていないとすれば、「墓を洗う」の季語を使って俳句にするのには相応しくないかもしれません。
話はそれます。「お墓参り」は「お彼岸=春、秋」の風習と勘違いしがちですが、墓参はは盂蘭盆の行事です。歳時記を間違って索引から調べても出てきません。歳時記は正直ですので、「彼岸」(仲春・時候)と云えば春をさし、秋の場合は「秋彼岸」(仲秋・時候)と断わらなければなりません。また、墓参は(墓参=はかまいり、初秋・行事)他、関連行事の季語は種々あるが、結果的に春の墓参はなく「彼岸参」「彼岸詣」と一般化されたものしか入っておりません。(贅言にして、閑話休題)
◆句会での特選以外の秀作・佳作については、旧来の「中村信のホームページ《あ》」が更新できずにいましたので、新しくブログを作りました。[パソコミ誌『あ』の電脳版]です。ご覧ください。(ただし、まだテスト版に近いものです、おいおい充実させてゆくつもりです。ご覧いただき・ご支援ください。


nice!(1)  コメント(0) 

草木塔 №47 [ことだま五七五]

千人風呂 

               俳人  種田山頭火

 重荷を負うてめくらである

 つくつくぼうしあまりにちかくつくつくぼうし

 柿の木のむかうから月が柿の木のうへ

 寝床へ日がさす柿の葉や萱の穂や

 何か足らないものがある落葉する

『草木塔』青空文庫

nice!(1)  コメント(0) 

読む「ラジオ万能川柳」プレミアム №71 [ことだま五七五]

              読む「ラジオ万能川柳」プレミアム☆8月21日、28日放送分

         川柳家・コピーライター  水野タケシ
  
川柳家・水野タケシがパーソナリティーをつとめる、
読んで楽しむ・聴いて楽しむ・創って楽しむ。エフエムさがみの「ラジオ万能川柳」
2019年8月21日放送分です。

71-1.jpg
大名人・秦野てっちゃんの出版した句集「ぽこ・あ・ぽこ」を手に!

「ラジオ万能川柳」は、エフエムさがみの朝の顔、竹中通義さん(柳名・あさひろ)が
キャスターをつとめる情報番組「モーニングワイド」で、
毎週水曜日9時5分から放送しています。
エフエムさがみ「ラジオ万能川柳」のホームページは、こちらから!
http://fm839.com/program/p00000281
放送の音源は……https://youtu.be/s9SFq0cz6SU

【質問】
ラジオを聴いて言いましたら、鶴 彬(つる・あきら)さんの句を紹介していました。
とっても苦しくなりました。
よろしかったら、もう少し知りたいのですが……。(かたつむりさん)
71-2.jpg
https://youtu.be/s9SFq0cz6SU

(みなさんの川柳)※敬称略 今週は181句の投句がありました!!
 ・あの頃は家族で探した花火の音(白米大好き)
・滞在費寄付金頼りの甲子園(名人・キジバト交通)
・甲子園汗も涙も爽やかに(昔のジョー)
・夏休みバイトと旅で来ない孫(大名人・アキちゃん)
・クリステル今は旦那をおもてなし(よっきゅん)
・天気図を見ながら過ごす盆休み(つや姫)
・一人では花火大会おもろない(恵庭弘)
・結婚より仕事でメディア使ってね(名人・マルコ)
・愚かさを忘れてないか十五日(司会者=名人・あさひろ)

☆あさひろさんのボツのツボ!
「ラジオ万能川柳。一週開いてのラジ川、181の投句がありました。猛暑に台風、高校野球に夏休み、原爆忌に終戦記念日と、今週は幅広いテーマの句となりました。中でも多かったのが進次郎とクリステルの電撃結婚発表話題。そこでボツのツボ『24時間鎧着ててもゴム着けず』(読み人知らず)おめでとう!!」

・美しい人を優先する担架(ホッと射て)
・秘密まで話してしまう夏の月(名人・やんちゃん)
・ミサイルを柔らかく言う飛翔体(東孝案)
・人類の未来を映す魚の死(名人・平谷妙子)

☆タケシのヒント!
「平谷さん、秀逸5回目で大名人昇進です!おめでとうございます!
大きな句、そして考がえさせる句ですね。まずは、できることから。
私もマイ水筒、エコバッグを持つようにしています。」

・氷たべまた氷くう夏休み(和こころ)
・美しい幻聴きけた座禅会(名人・東海島田宿)
・きっとある進次郎ロス有権者(重田愛子)
・核兵器雲散霧消しないかな(大名人・秦野てっちゃん)
・まだ続くクワオクワコの熱い夏(小把瑠都)
・負けて泣く顔も笑顔に劣らない(名人・龍龍龍)
・プールダメ虫捕りダメと猛暑言う(大名人・光ターン)
・香港の若者たちは元気だな(模名理座)
・徹夜してそれでも観たい好ゲーム(ナナチワワ)
・地元負けセンバツまだか甲子園(名人・あまでうす)
・スイカ食べ過ぎて夫婦で頻尿に(柳王・ユリコ)
・いいバイト冬はタコ焼き夏アイス(爽抜天)
・エサなくて里に下りれば落とし穴(名人・不美子)
・我が女房今日も出掛ける暑気払い(名人・鵜野森マコピイ)
・おにぎりはにぎらないのが旨いらし(ペンギン)
・素麺を孫と二人ですする夏(名人・フーマー)
・少しだけスマイル消したシンデレラ(名人・アンリ)
・都合よく脚色されていく記憶(はる)
・怖いなあ八月のガス電気代(soji)
・知りたいなタピオカブーム起きた訳(クッピー)
・あおられて宿題終えた夏休み(大名人・春爺)
・赤子泣き息子号泣もらい泣き(名人・かたつむり)

71-3.jpg

・進次郎おまえもデキ婚だったのか(のりりん)
・嵐の夜ローソク囲み子ははしゃぎ(ゆうかお)

◎今週の一句・人類の未来を映す魚の死(名人・平谷妙子)
◯2席・負けて泣く顔も笑顔に劣らない(名人・龍龍龍)
◯3席・あおられて宿題終えた夏休み(大名人・春爺)

 【放送後記】
2週間ぶりの「ラジオ万能川柳」、「お盆玉」というわけでもないのですが、プレゼントがありました!!
出来立てホヤホヤの「シルバー川柳日めくり」(河出書房新社)と。
仲畑流万能川柳うちわ(非売品)です。

71-4.jpg

厳正なる抽選の結果、よっきゅんさんが当選となりました!!
よっきゅんさん、どうぞ楽しみのお待ちくださいね!!(タケシ拝)
=======================================
◇2019年8月28日放送分です。

71-5.jpg
今週は投稿をお休みのあさひろさんと
「ラジオ万能川柳」は、エフエムさがみの朝の顔、竹中通義さん(柳名・あさひろ)が
キャスターをつとめる情報番組「モーニングワイド」で、
毎週水曜日9時5分から放送しています。
エフエムさがみ「ラジオ万能川柳」のホームページは、こちらから!
http://fm839.com/program/p00000281
放送の音源は……https://youtu.be/kLzfHW1AZjU

【お知らせ1】
皆さん、テレビ朝日で大好評放送中の「川柳居酒屋なつみ」ご覧いただいていますでしょうか?
今朝、というか夜中1時59から放送があったのですが、
今週と来週は、ムロツヨシさんをもっともよく知るという大親友、小栗旬さんがご来店!
私も「ついに来た男も惚れるモテ男」という句を詠んだのですが、
いや~、やっぱり小栗旬はかっこいい!!男も惚れる男ですね!!

71-6.jpg
https://youtu.be/kLzfHW1AZjU

(みなさんの川柳)※敬称略 今週は135句の投句がありました!!
・墓基金明日に向かった年金よ(初投稿=アンデスの禿鷹)
・作文をコピペですます俺の孫(昔のジョー)
・団扇風ふわりと昭和語り出す(名人・やんちゃん)
・涼風に人も草木も出る生気(大名人・アキちゃん)
・ぽこちゃんと遊ぶわたしの亡きチワワ(ナナチワワ)
・大半は別れず辛抱しています(名人・六文銭)
・現実味次第に高まるボイコット(名人・龍龍龍)
・暑過ぎて氷食べずに夏終わる(名人・不美子)
・サライ聞きわかっちゃいるけど泣く晩夏(たつみ)
・また逢いに来るよとぽこが微笑んで(大名人・平谷妙子)
・見せられぬ姿で居留守する猛暑(大名人・光ターン)
・余命聞き入った保険も期限切れ(うさぎの小雪)
・二学期へ眠そうな子と元気な子(大名人・けんけん)
・ぽこ・あ・ぽこ持って愛犬星になる(大名人・てっちゃん)

☆あさひろさんのボツのツボ!
「ラジオ万能川柳。今週は秦野てっちゃんの愛犬“ぽこ”への追悼句が多数ありました。ボツのツボは彼の『二匹目の犬飼う人の気が知れず』。確かに僕の周りにもペットロス?「もう2度と犬は飼わない」とおっしゃる愛犬家も多くいます。でも1年以内にまた飼い始めた人を三人は知っています。ぽこよ永遠に。」

・タケシ塾生徒になれる水曜日(重田愛子)
・読まれぬは受信エラーに違いない(パリっ子)
・水越しにソーメン流しでキスをする(アカエタカ)
・テレビ局いつまで流すあの動画(名人・アンリ)

☆タケシのヒント!
「アンリ名人、これで5回目の秀逸!!大名人昇進です。おめでとうございます!あおり運転手の暴行や韓国人が日本人女性を襲うところなど、刺激の強い映像を繰り返すテレビ。子供たちも見ているのですから、もうすこし考えて、冷静に報道してもらいたいものです。」

・店頭に小振りで高い秋刀魚さま(のりりん)
・韓国へ旅行行くの控えとこ(まりぽん)
・余ったコーン押し付けられて笑む総理(名人・フーマー)
・29度こんなに過ごしやすいとは(柳王・ユリコ)
・八月の葉山駆けつけ湘南会(名人・東海島田宿)
・履正社が令和最初の優勝者(よっきゅん)
・日本を買うと言うかも米トップ(つや姫)
・体験してひとつ大人の新学期(soji)
・目的のない顔をして出るラブホ(小把瑠都)
・文さんがパンドラの箱開けちゃった(大名人・春爺)
・メルカリで稼いでる人いるなんて(名人・グランパ)
・クラゲよりビニール嫌でやめた海(爽抜天)
・北よりも南の風が強くなり(里山わらび)
・残念と一言CHAGEは何思う(クッピー)
・窓という窓皆開け深呼吸(模名理座) (添削例)深呼吸窓という窓開け放ち
・喋らない父が孫とはよく喋る(ゆうがお)

◎今週の一句・テレビ局いつまで流すあの動画(名人・アンリ)
○2席・店頭に小振りで高い秋刀魚さま(のりりん)
○3席・また逢いに来るよとぽこが微笑んで(大名人・平谷妙子)

【お知らせ2】
このラジオ万能川柳でもおなじみ、
大名人の秦野のてっちゃんが、仲畑流万能川柳文庫から「ぽこ・あ・ぽこ」という句集を出しました!!
すでにアマゾンの句集ランキングで2位を獲得するなど、話題になっています!!

71-7.jpg

【放送後記】
8月も最終の放送、ようやく涼しくなってきました。

71-8.jpg
木漏れ日の森
……と思ったら、週末はまた残暑とのこと。
あと少し耐えましょう、みなさん!!(タケシ拝)
=======================================
  水野タケシ(みずの・たけし)
71-9.jpg
1965年生まれ。コピーライター、川柳家。東京都出身。
著書に「水野タケシ三〇〇選」(毎日新聞東京センター)、
「いちばんやさしい!楽しい!シルバー川柳入門」(河出書房新社)、
「これから始める俳句・川柳いちばんやさしい入門書」(神野紗希さんとの共著、池田書店)。


nice!(1)  コメント(2) 

読む「ラジオ万能川柳」プレミアム №70 [ことだま五七五]

        読む「ラジオ万能川柳」プレミアム☆7月31日、8月7日放送分

       川柳家・コピーライター  水野タケシ
  
川柳家・水野タケシがパーソナリティーをつとめる、
読んで楽しむ・聴いて楽しむ・創って楽しむ。エフエムさがみの「ラジオ万能川柳」
川柳家・水野タケシがパーソナリティーをつとめる、
○2019年7月31日放送分です。

70-1.jpg
今週も話題に事欠かない相模原!!

「ラジオ万能川柳」は、エフエムさがみの朝の顔、竹中通義さん(柳名・あさひろ)が
キャスターをつとめる情報番組「モーニングワイド」で、
毎週水曜日9時5分から放送しています。
エフエムさがみ「ラジオ万能川柳」のホームページは、こちらから!
http://fm839.com/program/p00000281
放送の音源は……https://youtu.be/htG4Xd79lM4

【質問】
タケシ師匠の新講座名「やさしい!楽しい!初めての川柳句会」の
「やさしい」とはどんな意味でしょうか?
「優しく指導をしてもらえる」という意味でしょうか?
それとも、「難しい事を易しく教えてくれる」という意味でしょうか。どっちですか?
ひょっとして、どっちもですか?(離らっくすさん)
https://youtu.be/htG4Xd79lM4

(みなさんの川柳)※敬称略 今週は169句の投句がありました!!
・火に油そそぐ吉本記者会見(東孝案)
・ため息をついたら妻いうオナラした?(初投稿=あんのくるみ)
・ブログにはなんでも載せるタケシさん(名人・平谷妙子)
・玄関に靴があふれる夏休み(名人・やんちゃん)
・兄見舞う元気な顔をお土産に(大名人・アキちゃん)
・危険さけもみじマークと車間とる(名人・グランパ)
・グランドも応援団も元気だね(名人・東海島田宿)
・県相のベスト4はアッパレだ(名人・六文銭)
・お日さまと仲良しさんだった昭和の代(名人・龍龍龍)
・国会がバリアフリーじゃないと知り(外科系)
・張本さん貴方の意見にみな「喝!」だ(よっきゅん)
・久々にいらっしゃいませ鰻さん(和こころ)
・待っていたはずの梅雨明けもう懲りた(大名人・光ターン)
・愛犬がホットドッグになる散歩(大名人・秦野てっちゃん)
・ペイアプリ私のスマホぱんぱんだ(大名人・入り江わに)
・暑いけど元気でしょうかクワコちゃん(小把瑠都)
☆あさひろさんのボツのツボ
「ラジオ万能川柳。169の投句有難うございます。「優秀作が多いなあ、選ぶの苦労する」とタケシ師匠。先週の日照不足・梅雨寒から猛暑・酷暑の句材に急変。吉本関連句は今週も。高校野球関連句も多数。そんな中で今週のボツのツボ。『ワタクシは裸婦像よりも裸婦がいい』小把瑠都さん。ワ・タ・ク・シも!」

・佐々木クン見たかったなあ甲子園(大名人・雷作)
・同じモノ行ったり来たりお中元(名人・かたつむり)

70-2.jpg

・動きます多分今年の流行語(クッピー)
・こんなにも片付け下手とはアメリカ人(司会者=名人・あさひろ)
・土用丑毎年匂いだけは嗅ぐ(のりりん)
・彷徨いの議員疑員とセミが鳴く(里山わらび)
・聞いたことない芸人も出るテレビ(大名人・けんけん)
・甲子園よりも将来大英断(名人・フーマー)
・ほとんどの球児予選で夏終わる(はる)
・梅雨明けに身構えているカブトムシ(名人・不美子)
・猛暑日だ会社に行くぞ節電に(たつみ)
・難題もかっ飛ばしたい夏の空(黒耀舎)
・お祭りに毎日行ってみたいなあ(ワカメちゃん)
☆タケシのヒント!
「5歳のワカメちゃんのストレートなつぶやきです。ケレン味がありません。誰しもが子供時代に思ったことではないでしょうか。ワカメちゃん、今年の夏を楽しんでくださいね!」

・待ち遠し豪華ゲストと久喜の夏(名人・あまでうす)
・金星をあげた相模はよくやった(ナナチワワ)
・蝉が鳴く数年間の思い込め(すごろく)
・やっと来た夏が来たよと蝉が鳴く(模名理座)
・新喜劇政府予算で笑えない(爽抜天)

◎今週の一句・お祭りに毎日行ってみたいなあ(ワカメちゃん)
○2席・蝉が鳴く数年間の思い込め(すごろく)
○3席・玄関に靴があふれる夏休み(名人・やんちゃん)

【お知らせ】
毎年夏の風物詩、第15回トイレ川柳、現在作品募集中!!!!
https://jp.toto.com/senryu/
締切は8月18日必着、ということで、いよいよ締切まで18日となりました
今年は、去年なかった最優秀賞の賞金20万円が復活!!
このご時世。20万円はうれしい!!
老後の2000万円より、一夏の20万円でしょう!!
さらに、今回は「スポーツとトイレ賞」「中学生・高校生賞」を追加しています。
お子さんにもぜひおすすめください!!

 【放送後記】
梅雨が明けたら、やっぱり暑いですねえ~~!!
週末は句会で埼玉県の久喜に行きますが、なんと37℃の予想!!
熱~い句会になりそうです……。(タケシ拝)

=======================================
〇2019年8月7日放送分です。 

70-3.jpg
本日はあさひろさんのお誕生日!!おめでとうございます!!

ラジオ万能川柳」は、エフエムさがみの朝の顔、竹中通義さん(柳名・あさひろ)が
キャスターをつとめる情報番組「モーニングワイド」で、
毎週水曜日9時5分から放送しています。
エフエムさがみ「ラジオ万能川柳」のホームページは、こちらから!
http://fm839.com/program/p00000281
放送の音源は……https://youtu.be/6ihQ8cp1BIg

【お知らせ】
毎年夏の風物詩、
第15回トイレ川柳、現在作品募集中!!!!
締切は8月18日必着、ということで、いよいよ締切まで4日となりました
今年は、去年なかった最優秀賞の賞金20万円が復活!!
このご時世。20万円はうれしい!!
老後の2000万円より、一夏の20万円でしょう!!

68-4.jpg
https://youtu.be/6ihQ8cp1BIg

(みなさんの川柳)※敬称略 今週は186句の投句がありました!!
 ・バーベキュー夏も一緒に食べている(外科系)
・夢語る嫁の言葉は愚痴だらけ(初投稿=恋するサボテンちゃん)
・夏場にはシミーズノーブラアッパッパ(ただのおやじ)
・甲子園母校出られずホッとする(名人・キジバト交通)
・老いた母花火に見惚れ杖忘れ(名人・やんちゃん)
・死してなお走るディープのDNA(名人・グランパ)
・外へ出る危ない夏がやってきた(名人・平谷妙子)
・イノッチの簡保の笑顔何だった(爽抜天)
・涼しいなスーパー内を三周り(名人・六文銭)
・こんな時だから草の根広げたい(大名人・雷作)
・種付けがハードだったと名馬逝く(小把瑠都)
・大人びた彼女にドキリ夏休み(名人・荻笑)
・ニュース聞くたび韓国の友想う(大名人・光ターン)
・塾生が大フィーバーのタケシ塾(ナナチワワ)
・ごはんより朝からお菓子食べたいの(ワカメちゃん)
・逃亡のチャンス与えている保釈(名人・龍龍龍)
・いくつもの眼鏡リモコン探す日々(名人・マルコ)

70-5.jpg

・水やればふっと草木が息を吐く(重田愛子)
・散歩するポチにも日傘ないかしら(名人・鵜野森マコピイ)
・勝利呼ぶ渋野スマイル駄菓子好き(ペンギン)
・夏祭り小遣い握り歩く道(名人・アンリ)
・七夕の夜だけ会えるブース横(大名人・けんけん)
・この次は日向子とプレートランプ氏(大名人・秦野てっちゃん)
・網戸から私に求愛してるセミ(柳王・ユリコ)
・あの笑顔見てて楽しいシンデレラ(東孝案)
・ローカルなトリエンナーレ名を上げる(名人・フーマー)
☆あさひろさんのボツのツボ
「ラジオ万能川柳。猛暑・酷暑関連句が目立ちました。夏休みの宿題?「明日からやると毎日言っている」荻笑。子供だけでなく、お父さんも。禁煙・ウォーキング・早起き。でもボツのツボはこちらに『トランプは知らないだろう原爆忌』フーマー。はたして被爆者の想いは日本政府に届いているのでしょうか。」

・浴衣の子花火に飽きて踊り出し(soji)
・カラオケに弟子もびっくりタケシ節(名人・あまでうす)
・外してもパット笑顔のシンデレラ(里山わらび)
・たまらないウチの貯金とこの暑さ(たつみ)
☆タケシのヒント!
「貯まらないと堪らないのダブルミーニングの句です。暑さと貯金の組み合わせが新鮮。一読、笑って共感しました。投稿されてまだ間もないたつみさん。今後のご活躍が楽しみです。」

・握手しているけど両者笑顔なし(のりりん)
・永遠の28才ご引退(かたつむり)

70-6.jpg

・シンデレラ笑顔と共に舞い降りる(グッピー)
・目と鼻にしみるトイレが懐かしい(司会者=名人・あさひろ)
・入れ歯取り老母(はは)は童女の笑い(初投稿・ゆうがお)

◎今週の一句・たまらないウチの貯金とこの暑さ(たつみ)
◯2席・バーベキュー夏も一緒に食べている(外科系)
◯3席・甲子園母校出られずホッとする(名人・キジバト交通)

 【放送後記】
来週14日は、お盆期間中でモーニングワイドもラジオ万能川柳もお休みです。
次回は、21日になります。
楽しみなラジ川が2週間空いてしまう、そのお詫びというわけではないのですが、
すてきなシケタ賞を進呈しますので、ふるってご応募ください。
締切は8月20日(火)の朝8時、必着!!
「今週の一句」の方ではなく、
すべての応募の方から抽選で1名の方に差し上げますので、
初参加の方もお気楽に川柳の投稿をお送りくださいませ。(タケシ拝)

=======================================
 水野タケシ(みずの・たけし)
30-7.jpg

 1965年生まれ。コピーライター、川柳家。東京都出身。
著書に「水野タケシ三〇〇選」(毎日新聞東京センター)、
「いちばんやさしい!楽しい!シルバー川柳入門」(河出書房新社)、
「これから始める俳句・川柳いちばんやさしい入門書」(神野紗希さんとの共著、池田書店)。
 

nice!(1)  コメント(2) 

日めくり汀女俳句 №39 [ことだま五七五]

四月二十一日~四月二十三日

         俳句  中村汀女¥文  中村一枝

四月二十一日
子供等の英語の窓の花 葵(あおい))
           『汀女句集』 葵の花=夏
 「お宅、もう一年生?」。子供を送りに出てきた若いお母さんにきく。この間まで赤ちゃんみたいだった女の子が黄色い帽子。「食が細いから給食が心配です」。お母さんは不安顔だ。新学期の朝の風景は新鮮でさわやかだ。
 向こうから並んで歩いてくる五人組の中学生、真新しいブレザーも、ズボンもぴかぴかしている。まだ産毛の残るすべすべの頬、この顔が、いじめや暴力、不登校にどうつながっていくのだろう。
 この真っさらの魂を汚していくのは、やっぱり大人の責任じゃないかな。

四月二十二日
春の夜の港を持てる木立かな
          『汀女句集』 春の夜=春
 昭和七年、汀女三十二歳、夫重喜の横浜税関転任に伴って、横浜に住んだ。久しぶりに俳句を作った。
 杉田久女の俳誌「花衣」に勧められたのがきっかけである。「花衣」は久女の長女、石昌子氏が写真復刻されていて手にすることができた。表紙の絵も字も久女が手がけている。当時にしては夢を誘うモダンな雑誌。久女のオ人ぶりがうかがえる。
 十年の睡(ねむ)りから覚めたように汀女は句作をはじめた。
 一号にのった句。
   毛糸きる背丈もちさくなり給ふ

四月二十三日
頬杖(おおづえ)や春セーターの腕若く
         『紅白梅』 春セーター=春

 汀女たちが住んだ横浜税関の官舎は野毛山の丘の上にあった。長女濤美子の友達であった岩崎静子さんは、中村家が引っ越してきた日から中村家に入り浸って今もなお健在である。いつ行っても汀女はにこにこして迎えてくれたそうである。
 小学一年だった夫はある日突然大森へ行こうと思い立ち、釣竿一本持って歩いて家を出た。家の者は誰一人知らない。鶴見迄くると疲れてきた。交番をみつけて道をたずねると、警官がとび上がった。「あの捜索願いの 出ている子だ」。
 家に帰ると待っていたのは父親の生まれてはじめてのげんこつだった。

『日めくり汀女俳句』 邑書林

nice!(1)  コメント(0) 

猿若句会秀句選 №99 [ことだま五七五]

猿若句会特選句集 99(2019年7月20日)

             猿若句会会亭  中村 信

 一匹のための蚊遣を点しけり  伊藤 理
 精米の看板錆びて梅雨長し  川上登美枝
 衝立に上着ひっかけ泥鰌鍋  高橋 均
 晩鐘に昼顔花を閉じにけり  柴田弘道
 もう慣れた山荘米炊く目分量  原 健一
 新築に早くもなじむ木槿垣  中村克久
 廃校に帰省子の影ただ一つ  内野和也
 帰省する娘見事な母となり  花柳小春
 帰省待つ母糠床に野菜足す  古明地昭雄

◆猿若句会六月例会の特選句集です。例によって一句だけの短評から始めます。
[短評] [一匹のための蚊遣を点しけり 理]。素直な句が久しぶりに巻頭句になりました。句意も平明です。と、書いたところで季語の「蚊遣火」が分からない世代があることに気づきました。まさか〈絶滅寸前季語〉にまで入ってはいないでしょうが。しかし、知識だけならともかく経験したとなると意外に少ないでしょう。たまたま私は子供の頃(戦中・戦後のある時期)、蚊遣りを使う環境にいましたので解りますが、結構大変な作業です。だから句意の「一匹の蚊のために……」が生きてくる訳です。一人で居る時など、一匹の蚊に気づいただけで気になって仕方ないものです。たった一匹の蚊のために殺人(虫)鬼に変身したくなる位です。「蚊取線香」も広い意味では「蚊遣火」の関連季語として入れている歳時記もありますが、この句の場合は蚊遣でないと意味をなしません。この作者の場合は実際のところは蚊遣りを経験していないでしょうから、想像(文学的比喩)で創ったと思われます。逆に蚊取線香でも結構大変だったよと読み替えて、当時の大変さを想像させる作品として読んでみることも出来ます。なお、現在の渦巻き式の蚊取線香は戦後に発明されたものと想像していましたら、すでに明治時代の中期には発売されていたようです。(閑話休題)
 なお、恒例の19年度上半期の優秀作品が下記かきのように決まりました。一席[茶摘み唄聞こゆ知覧空静か 英二] 、二席[馴れ初めは宇治の川辺の蛍狩 小春]、同二席[夜桜やまさかの出合ひ遠会釈 小春]
◆句会での特選以外の秀作・佳作については中村信のホームページ《あ》[http://saruwakakukai.web.fc2.com]をご覧ください。


nice!(1)  コメント(0) 

草木塔 №45 [ことだま五七五]

千人風呂 3

                俳人  種田山頭火

 ここにわたしがつくつくぼうしがいちにち

 百合咲けばお地蔵さまにも百合の花

 草にも風が出てきた豆腐も冷えただろ

 風がすずしく吹きぬけるので蜂もとんぼも

 ふるさとの水をのみ水をあび

 ここを死に場所とし草のしげりにしげり

『草木塔』 青空文庫


nice!(1)  コメント(0) 

読む『ラジオ万能川柳』プレミアム №69 [ことだま五七五]

              読む「ラジオ万能川柳」プレミアム☆6月19日、26日放送分

       川柳家・コピーライター  水野タケシ
  
川柳家・水野タケシがパーソナリティーをつとめる、
読んで楽しむ・聴いて楽しむ・創って楽しむ。エフエムさがみの「ラジオ万能川柳」
◆2019年7月17日放送分です。

69-1.jpg
あさひろ農場の枝豆と、ブランド卵「つまんでご卵」を持って

「ラジオ万能川柳」は、エフエムさがみの朝の顔、竹中通義さん(柳名・あさひろ)が
キャスターをつとめる情報番組「モーニングワイド」で、
毎週水曜日9時5分から放送しています。
エフエムさがみ「ラジオ万能川柳」のホームページは、こちらから!
http://fm839.com/program/p00000281
放送の音源は……https://youtu.be/Sg3-S6akGfo

【お知らせ1】
今また、川柳の本、というか、今度は川柳の教材を書いています。
通販大手・フェリシモさんの、趣味と自分磨きの人気レッスン講座「ミニツク」の
カリキュラムの一つです。
気負わずにマイペースでワクワクしながら川柳を学べますよ。
ひょっとすると皆さんの川柳をお手本川柳として使わせていただくかもしれません。
その時にはご快諾お願いいたします。
https://youtu.be/Sg3-S6akGfo

(みなさんの川柳)※敬称略  今週は145句の投句がありました!!
 ・警察の失態誰が取り締まる(大名人・春爺)
・ミッションを果たして帰る胸張って(名人・平谷妙子)

☆あさひろさんのボツのツボ!

「ラジオ万能川柳。146の投句。はやぶさ2、参議院選挙、日照不足の題材句が目立ました。先週のニュースでは、かんぽ生命と日本郵政の不適切販売と言う件も注目されました。そこでボツのツボは『イノッチの笑顔が曇るかんぽです』平谷妙子。郵政民営化って本当に必要だったの?未だに疑問のあさひろです。

・夏野菜露地からハウス高くつく(名人・キジバト交通)
・はやぶさ2その健気さに熱いエール(昔のジョー)
・体験で棺桶入り苦笑い(東孝案)
・諦めぬ遼と諒とに笑む女神(名人・アキちゃん)

☆タケシのヒント!

「アキちゃんは今回の秀逸で5回目、大名人昇進です。おめでとうございます!3年ぶりに優勝したゴルフの遼くん。9カ月ぶりに王座を取り戻した村田諒太選手。どちらも「リョウ」なんですね。よく発見しました!パチパチパチ!」

・あこがれた自由淋しい一人旅(重田愛子)
・想像とチョット違ったジャニーさん(のりりん)
・梅雨寒にちょっとチンしてアイスなめ(名人・東海島田宿)
・財源は?やりたくない時常套句(恵庭弘)
・ワンマンをワンマンにするイエスマン(初投稿=ホット射て)
・ダーリンと深田恭子に口説かれる(外科系)
・来場所の8勝のため休んどく(小把瑠都)
・二千万ないが小さな幸はある(名人・やんちゃん)
・海の日は泳がず浜のゴミ拾い(つや姫)
・休肝日最近ゼロのビール好き(名人・ポテコ)
69-2.jpg
・選挙カー行ったしさぁて昼寝しよ(外科系)
・投票にポイント付けて率アップ(名人・あまでうす)
・お日さまが雲の向こうで夏支度(soji)
・雨傘とこんな仲良くしてる夏(大名人・光ターン)
・街中で逃走犯とすれ違い(名人・アンリ)
・説明会と大書きしての泥仕合(司会者=名人・あさひろ)
・おにぎりが欲しくて悲惨セブンペイ (名人・フーマー)
・焦らすよね24時間ランナーを(よっきゅん)
・会いたいなちょっとでいいの青い空(大名人・けんけん)
・二千万あれば結婚してあげる(柳王・ユリコ)
・天国(そちら)でもやっていますか大分会(はる)
・なんの為必要なのか参議院(名人・六文銭)
・ユーたちよ俺天国へジャーニーさ(名人・鵜野森マコピイ)
・「忘れた」は母の大事な免罪符(ペンギン)
・3連休次はいつかと探す俺(クッピー)
・トイレ行く時間をくれるコマーシャル(模名理座)

◎今週の一句・諦めぬ遼と諒とに笑む女神(名人・アキちゃん)
◯2席・会いたいなちょっとでいいの青い空(大名人・けんけん)
◯3席・選挙カー行ったしさぁて昼寝しよ(ナナチワワ)

【お知らせ2】
毎年夏の風物詩、第15回トイレ川柳、現在作品募集中!!!!
締切は8月18日必着、ということで、いよいよ締切まで1カ月となりました
今年は、去年なかった最優秀賞の賞金20万円が復活!!
このご時世。20万円はうれしい!!
ぶっちゃけた話、というかアドバイスをしますと、
こういう公募の場合、8割は箸にも棒にもかからない句なんですね。
で、2割に入る方は、やはり、いつも川柳を作っている方の作品になります。
去年も、入選40句のうち、4人くらい私の知り合いが入っていました。
私がラジオCMコンテストで優勝して100万円を取った時には、
段ボールひと箱くらい、作品を書いて応募しました。まあ、そこまでしなくても、
1句より2句、2句より3句、3句より4句……といつもよりちょっと頑張って投句してみてください。
最後の最後、苦し紛れに出した句が、意外と評価されたりしますよ!!
トイレ川柳の詳しい情報は、私のブログ「水野タケシの超万能川柳!!」をご覧ください!!
      
 【放送後記】
長梅雨、梅雨寒ということで、お天気関連の句が多く寄せられました。
天気予報を見ると、来週の水曜日あたりが梅雨明けになりそう。
あと1週間の辛抱です!(*´-`)
=======================================
◆2019年7月24日放送分です。

69-3.jpg
誕生日のお祝いメッセージありがとうございます!!
放送の音源は……https://youtu.be/b6CX5E96g-s

【質問】
あさひろさま、タケシ師匠、早朝より楽しい放送ありがとうございます!!
さて、いま、タケシ師匠もPRされている「トイレ川柳」。
私も大変遅まきながら「初参加を」と考えています。
さて、しかし、お題が……。取りようですが、ある意味、下(シモ)の関係ですね。
しかし、私は下ネタが苦手で、自分も笑えないので、ちょっとまだ浮かびません。
こういったお題の場合、少し品よく、しかも、カラッと明るい句にする方法はありますか?
(チコちゃん)
https://youtu.be/b6CX5E96g-s

(みなさんの川柳)※敬称略  今週は213句の投句がありました!!
 ・日射しなく菜園のナスやせ細り(大名人・雷作)
・京アニの惨事に涙してる孫(大名人・アキちゃん)
・北勝富士マワシをきつく締め過ぎる(名人・平谷妙子)
・一匹の蚊に睡眠を奪われる(名人・やんちゃん)
・これからは山本太郎時代来る(恵庭弘)
・参院選バイトに追われ行けません(名人・入り江わに)


☆タケシのヒント!

「名人・入り江わにさん、今回で5回目の秀逸!大名人昇進です!おめでとうございます!この句、バイトに追われ、が意外性があるのですが、リアルで説得力があります。本当は、若い人こそ投票に行くべきなでしょうが、余裕がない人も多いのでしょうね。」

・ゴルフ漬け小トランプ化する政治(ホッと射て)
・よりましな方へ一票入れました(名人・荻笑)
・ハワイより遠いらしいよ投票所(大名人・光ターン)
・お笑いの裏も表も笑えない(名人・東海島田宿)
・貿易が付いてるうちはまし戦争(名人・龍龍龍)
・選挙より吉本という変な国(大名人・春爺)
・午後8時時報と共に泣き笑い(名人・キジバト交通)
・一票が私の運命変えるんか(名人・ポテコ)
69-4.jpg
・連立と云うより寄生してる党(小把瑠都)
・ペットの死どう向き合えばいいのかな(大名人・秦野てっちゃん)
・吉本の会見を消し草むしり(外科系)
・200球投げても出たい甲子園(ナナチワワ)
・母ちゃんが怒ってイヤな夏休み(ワカメちゃん)
・目があって出口調査にご協力(名人・あまでうす)
・気のせいか震えてるよなセミの声(soji)
・いっときの誤魔化しやがて尾を見せる(メン子ちゃん)
・安泰だ失言しなきゃ6年間(たつみ)
・京アニにかける言葉が見つからず(まりぼん)
・国会のバリアフリー化期待する(名人・不美子)
・現在(いま)ぜんぜん笑えないのがお笑い界(のりりん)
・わろてんか吉本社長記者会見(名人・フーマー)
・炎鵬で4大関なと忘れてた(爽抜天)
・太陽を待ちわびている野菜たち(名人・アンリ)
・スッキリ!はしないよ加藤浩次さん(よっきゅん)
・雨上がり決死の会見暴風に(司会者=名人・あさひろ)

☆あさひろさんのボツのツボ
「ラジオ万能川柳。7月に入っても記録的な低温になった関東地方、日照時間は平年の14%というデータも。今週は異常気象に、選挙、闇営業、謝罪会見、吉本ドタバタと川柳句材には事欠きませんでした。213句からボツのツボ『人間もしたくなってる光合成』ユリコ。“もっと光を”ゲーテも、きゅうりもヒトも。」

・会見で人の性格丸わかり(クッピー)
・同期らの髪に自分の歳を知りたい(ペンギン)
・その笑顔選挙の後も忘れずに(模名理座)

◎今週の一句・参院選バイトに追われ行けません(名人・入り江わに)
◯2席・ハワイより遠いらしいよ投票所(大名人・光ターン)
◯3席・選挙より吉本という変な国(大名人・春爺)

【お知らせ】
全国公募「ぬまづ文芸・川柳部門」現在、作品募集中です!!
7月31日消印締切有効ですので、あと1週間になりました!!
さて、2015年から 、静岡県沼津市の沼津市芸術祭、文芸部門「ぬまづ文芸」
の川柳部門選者を務めております。
ぬまづ文芸は今年で46回を数えます。沼津市の主催なのに、何故に全国公募なのか。
それは、沼津が著名な文学者たちとのゆかりが深いこと。
そして、当時の市長さんの、「沼津市にとどまらず全国公募にして切磋琢磨して技量を高めよう」
という高い志によるものです。
一人一句の真剣勝負です。全国からたくさんのご応募をお待ちしています。
高校生以下無料ですので、まわりの若い方々にもぜひおすすめください。
沼津から新しい川柳を発信していきましょう!!
応募期間   令和元年6月1日(土)~7月31日(水)(当時消印有効)
応募料    1種目1編に付き1000円の小為替を応募作品に添えて納入する
詳しくは、沼津文化協会『ぬまづ文芸』係(TEL・FAX 055-952-6597※平日13時~16時半)か、
私のブログ「水野タケシの超万能川柳!!」をご覧ください!!       

 【放送後記】
外も雨、テレビの中も涙雨(芸人さんたち)、ということでジメジメの1週間でした。
夏休みもスタート、梅雨も明けて、これからはカラッといきたいところですね!!(タケシ拝)
=======================================
  水野タケシ(みずの・たけし)
56-9.jpg

 1965年生まれ。コピーライター、川柳家。東京都出身。
著書に「水野タケシ三〇〇選」(毎日新聞東京センター)、
「いちばんやさしい!楽しい!シルバー川柳入門」(河出書房新社)、
「これから始める俳句・川柳いちばんやさしい入門書」(神野紗希さんとの共著、池田書店)。

nice!(1)  コメント(2) 

日めくり汀女俳句 №38 [ことだま五七五]

四月十八ひ~四月十九日

         俳句  中村汀女・文  中村一枝

四月十八日
花吹雪通れ通れと声揃(そろ)へ
              『都鳥』 花吹雪=春
 知り合いのワンちゃんがお産した。一匹生まれたところで陣痛が止まってお医者へかけ込んだ。残り四匹の内一匹しか助からなかったそうだ。
 私もダックスフントのお産を一度手がけた。夜中何度も起きて見に行った。その度に黒い瞳(ひとみ)が暗闇(やみ)の中で光った。朝寝坊して慌てて犬の所に行くと五匹のぬれ羽色の小犬、胎盤もきれいに始末され、血の跡一滴もない。ゆったりと小犬に乳を含ませている母犬の満足気な表情には母となった歓びがあふれていた。自然の摂理、感動した。

四月十九日
溝に落ちて泣いて帰る子豆の花
         「汀女初期作品」 豆の花=春
 子供の時の愛読書の中に徳富蘆花の「みみずのたわこと」がある。小学四年の女の子がどうしてあんなに好きだったのか、自然への回帰を説く作者の温かい人柄が伝わったのだろうか。私は自分で「うなぎのたわ言」という小説を書いて父に見せた。父は幼い頃母親から豆花の「思い出の記」を繰り返し読んで貰ったそうだ。
 明治の人間にとって、豆花は当時のベストセラー作家、小説「不如帰(ほととぎす)」が兄蘇峰の「国民新聞」にのるや、悲しい運命の夫婦愛が天下の読者の紅涙をしぼったと言われる。

四月二十日
わが胸をよぎり音せし落花かな
              『春雪』 落花=春
 蘆花は明治四十年熊本水俣から東京北多摩郡千歳村粕谷に籍を移した。今、京王線芦花公園と言われる場所である。
 蘆花は少しずつ兄蘇峰との生き方の違いを感じ始める。明治四十三年大逆事件が起こり、幸徳秋水以下二十四人に死刑判決が下った。蘆花は、天皇へ命乞いの上奏文を朝日新聞の池辺三山に送ったが、その日、刑が執行されたことを聞いて、
「おおい、もう殺しちまったよ。みんな死んだよ」と泣いた。蘆花の書斎は幸徳の名をとって秋水書院と名づけられた。


『日めくり汀女俳句』 邑書林

nice!(1)  コメント(0) 

草木塔 №44 [ことだま五七五]

千人風呂 2

                俳人  種田山頭火

 炎天のはてもなく蟻の行列

 蜘蛛は網張る私は私を肯定する

 いつでも死ねる草が咲いたり実つたり

 日ざかり落ちる葉のいちまい

 霽れててふてふ二つとなり三つとなり

 青空したしくしんかんとして


『草木塔』 青空文庫

nice!(1)  コメント(0) 
前の20件 | - ことだま五七五 ブログトップ