So-net無料ブログ作成

祖道傳東Ⅱ №2 [文芸美術の森]

第二図 太子時代

      画  傅 益瑤・文  曹洞宗大本山永平寺

祖道傳東2.jpg
《紙本塁画彩色》 九〇×一二五 軸装 

釈迦族の王子として生まれた釈尊は、何一つ不自由のない優雅な環境の中で生活を送りながら、成長いたしました。
 城中には美しい畳茶羅華(まんだらげ)の花が咲き乱れて、稜郁(ふくいく)とした香りが漂い、天上からは美しい音楽が奏でられるなど、まさに黄金の光が隅々まで輝くような環境でありました。
 しかし、生母を失った悲嘆の思いからか、次第に物思いにふけることが多くなって、人生に対する憂悩を深くするようになって行きました。


『禅を描く 祖道傳東』 大本山永平寺

nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。