SSブログ

地球千鳥足 №135 [雑木林の四季]

  行動がもたらす妙なる出会い:地球の裏側で出会った人は!~パラグアイ~

     グローバル教育者・小川地球村塾塾長  小川彩子
                                       
地球の裏側の奇遇
 首都アスンシオンのホテルの中庭で読書中の男性に、人懐こい夫が話しかけた。
「読書中お邪魔します。こちらの滞在は長いのですか?」気がなさそうにチラットと夫を見て、「2週間になります。」「お仕事ですか?」と夫。彼は面倒くさそうに「ええ」と夫を凝視した。「ここでのお仕事は大変でしょう。貧しい国ですから」と夫。「いや、住みよくなったんですよ!」と語調が強かった。夫はなお「どんなお仕事ですか?」彼は「土木関係です」とつっけんどん。「そうですか。私も技術屋です。ところでお住まいは日本のどちらですか?」「東京です」「東京のどこですか?」「K市です」「ええ!K市?K市のどこですか?」と夫は奇声を発した。男性はやっと好奇心を見せ、そこから後は和やかに話し始めた。彼は南米数か国を仕事場にし、日本と往復を重ねているご近所さんだった。ご近所さんと地球の裏側で会おうとは! その後はお互い10年来の友のように食事ごとに会い、日本人経営のカラオケにまで誘われ、日本に帰国後もお付き合いが続いている。歩いて数分の距離に住んでいようとて一生縁の無い人は多いし、実際彼もご縁無く終わったかもしれない人だった。夫が話しかけなかったならば!執拗に会話を続けていなければ!その後は小川地球村塾にも参加してプレゼンテーションや楽器演奏等で盛り上げて頂いている。
妙なるかな人生の出会い。行動こそが素敵な出会いを招き心の豊かさをもたらすのだ。

134.jpg
K市、桜の時期のさくら通り



nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。