SSブログ

草木塔 №64 [ことだま五七五]

柿の葉15

                 俳人 種田山頭火

    結婚したといふ子に 4

 月からひらり柿の葉
 何を待つ日に日に落葉ふかうなる
 涸れてくる水の澄みやう
 草の枯るるにみそつちよ来たか
 澄太おもへば柿の葉のおちるおちる
 風は何よりさみしいとおもふすすきの穂

『草木塔』 青空文庫

nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。