So-net無料ブログ作成

読む「ラジオ万能川柳」プレミアム №72 [ことだま五七五]

              読む「ラジオ万能川柳」プレミアム☆9月4日、11日放送分

         川柳家・コピーライター  水野タケシ
  
川柳家・水野タケシがパーソナリティーをつとめる、
読んで楽しむ・聴いて楽しむ・創って楽しむ。エフエムさがみの「ラジオ万能川柳」
2019年9月4日放送分です。
 
72-1.jpg
今朝は涼しい相模原!!

「ラジオ万能川柳」は、エフエムさがみの朝の顔、竹中通義さん(柳名・あさひろ)が
キャスターをつとめる情報番組「モーニングワイド」で、
毎週水曜日9時5分から放送しています。
エフエムさがみ「ラジオ万能川柳」のホームページは、こちらから!
http://fm839.com/program/p00000281
放送の音源は……https://youtu.be/rzt9C3PkDWI

【質問】
五・七・五が定型フォームの川柳ですが、私は武玉川(むたまがわ)流の七・七句にもにも味わい深さを感じます。
仲畑流では恵庭弘さんがその名手として知られ、また、かつて荻笑さんが七・七句で月間賞を受賞されたのを機に、
私も積極的に挑戦しているのですが、これまで500以上投句して二句しか入賞できません。
私には七・七句のセンスがないのか、あるいは「お前は五・七・五で行け」という仲畑さんからのメッセ―ジなのか。
ラジ川への七・七句での投句も含め、タケシ師匠のアドバイスをお願いいたします。(小把瑠都さん)
https://youtu.be/rzt9C3PkDWI

(みなさんの川柳)※敬称略 今週は187句の投句がありました!!
 ・秋雨に涙も枯れる避難指示(ただのおっさん)
・いつも会う散歩道一人いなくなる(昔のジョー)
・新学期上靴新調3人分(和こころ)
・そんなにもオシャレじやないぞイモの粉(司会者=名人・あさひろ)

☆あさひろさんのボツのツボ!
「ラジ川。秋の気配を感じます。皆さんの投句の中にも季節の移ろいを読み込んだ句が多数。先週、大船渡港にサンマの初水揚げ。外国の大型漁船の一網打尽漁法の影響か小ぶりで脂の乗りも今ひとつとの事。そこでボツのツボ『痩せるほど追われたのかいサンマさん』(里山わらび)えっ!明石家の事だったの?」

・傷跡の数で人間深くなる(初投稿=小林和喜子)
・アマゾンの火災で熱くなる地球(大名人・秦野てっちゃん)
・ドラマを左右 子役の演技(名人・東海島田宿)
・二百円以下になるのを待つ秋刀魚(大名人・光ターン)
・長電話大事な事は言い忘れ(名人・やんちゃん)
・パソコンの恐怖症今依存症(東孝案)
・秋の日のつるべが何かわからない(名人・キジバト交通)
・人柄も声もいいですあさひろ氏(名人・六文銭)
・イイ事もたまにあったね六十年(名人・あまでうす)
・嫌韓も好韓もいていいんじゃない(名人・グランパ)
・女風呂おとこのような声がする(大名人・平谷妙子)
・こんな時だからこそ会う人と人(名人・マルコ)

72-2.jpg

☆タケシのヒント!
「いろいろなことを考えさせられる句です。たとえば、日韓関係。草の根交流もさらに大切になるでしょう。トップ同士も会って、お酒でも飲んで話し合ったら、案外すぐに解決するかもしれませんよ。」

・天も地もその真ん中も黄信号(大名人・けんけん)
・消費税酒の10パー大反対(名人・フーマー)
・超ちいさい超超ちいさい秋見つけ(のりりん)
・今月は要らんものまで買いそうだ(ペンギン)
・親友に会うたび積もる昔話(あのころが)(メン子ちゃん)
・8月の末で契約終わるセミ(柳王・ユリコ)
・宿題が無けりゃ楽しいままなのに(soji)
・この夏もディープなキスは蚊ばっかり(爽抜天)
・虫や草雲や指にもちょっと秋(名人・荻笑)
・子離れをしないと親離れしない(ホッと射て) (添削例)子離れをしないとしない親離れ
・吹く風が次の季節を連れてくる(重田愛子)
・増税セール あおられてます(名人・かたつむり) 

72-3.jpg

・困ったな使うと痛くなる頭(はる)
・朝だけは虫の音色で癒やされて(大名人・アンリ)
・本当に優勝しちゃっていんですか(パリっ)
・レシートの裏に一句を書き留める(模名理座)
・ダンボール大きさのわりに軽い品(うさぎの小雪)
・家電品故障ウイルスあるらしい(ゆうがお)

◎今週の一句・こんな時だからこそ会う人と人(名人・マルコ)
○2席・天も地もその真ん中も黄信号(大名人・けんけん)
○3席・吹く風が次の季節を連れてくる(重田愛子)

 【放送後記】
夏の終わり、木漏れ日の森は、ヒグラシの大合唱のなのですが、
今年は一度も聞きませんでした。
この暑さ、蝉たちにとっても生きづらいのかもしれないですね。 

72-4.jpg
   (タケシ拝)
=======================================
〇2019年9月11日放送分です。

72-5.jpg
ラジ川の特番でおなじみのメン子ちゃんと!
メン子ちゃんへの応援メッセージもお願いします!!

放送の音源は……https://youtu.be/rVL2T_BOT9o

【質問】
こんにちは、水野タケシさんは、川柳作家でもあり、俳人でもあり、コピーライターです。

タケシさんにとって、それぞれの師匠はどなたですか?

タケシさんの川柳の師匠は、われわれにとって大師匠に当たりますね。(離らっくすさん)
https://youtu.be/rVL2T_BOT9o

多比羅孝先生のウエブコラム「往きは良い良い、帰りは……物語」はコチラから
https://chinokigi.blog.so-net.ne.jp/2019-08-27-5

(みなさんの川柳)※敬称略 今週は167句の投句がありました!!
・マドンナも年には勝てず夢壊す(東孝案)
・スマホより夫婦に欲しい充電器(名人・やんちゃん)
・ラジ川の締め切り火曜八時まで(和こころ)
・サイカワよオマエもかってブルータス(名人・グランパ)
・マイストロー持っていますよタケシさん(大名人・平谷妙子)
・待っている蚊を連れてくる配達員(模名理座)
・夕焼けの雲にもドラマある様な(重田愛子)
・又一つイイ事あった六十歳(名人・あまでうす)
・香港に教わる自由民主主義(名人・マルコ)
・肥えるのも人間だもの秋だもの(大名人・光ターン)
・診察は「リハビリ続けましょう」だけ(名人・龍龍龍)
・ハイと出す入閣待ちの整理券(小把瑠都)
・台風がお土産置いて旅に出た(白ポロ)
・G7ペーパーレス化を率先し(司会者=名人・あさひろ)

☆タケシのヒント!
「ラジオ万能川柳。年末特番以来のメンコちゃんをゲストに迎え、三人でお送りいたしました。コーナー前半、あさひろの無駄話(つっこみ?)が多いため番組後半はいつも押せ押せ!今週も師匠にせかされる。最近は、リスナーもよくご存知で、ボツのツボは『早く出すコメントいっぱい欲しいから』パリっ子。」

・増税が令和に昭和背負わせる(大名人・入り江わに)
・お盆すぎあれまたすぐにもう彼岸(たつみ)
・大臣のふるいかけられこぼれ落ち(名人・東海島田宿)
・売れちゃうと過去を探るよ文春砲(よっきゅん)
・脆いもの夫婦の仲と電化都市(ペンギン)
・産まれたか何言ってるの台風よ(名人・鵜野森マコピイ)

☆タケシのヒント!
「鵜野森マコピイさん、これで5回目の秀逸、大名人昇進です!おめでとうござきます!ご夫婦での会話でしょうか。何ともおかしい、トボケた味わいがありますね。」

・増税に駆け込む気さえ起きぬ秋(soji)
・キラキラが胸に刺さるよな虐待(爽抜天)
・消費税軽減できぬレジ負担(里山わらび)
・温暖化自然災害脅威増し(はる)
・横浜よその横浜のままでいて(名人・不美子)
・川柳で日韓仲良くさせたいな(柳王・ユリコ)
・横綱も日本人だと弱くなり(名人・フーマー)
・還暦でアマデウスさんと同い年(大名人・アンリ)
・さりげない主人の言葉心しみ(名人・ポテコ)
・おばさんのマネキンだって欲しいよね(大名人・けんけん)
・勤め人見えない糸で縛られる(名人・キジバト交通)
・失言し失言せぬと失言し(キャサリン)
・韓流のドラマ展開面白い(味野素子)
・顔エクササイズするよに喋る人(ゆうがお)
・我が家にはツバメ来ないがヤモリ居る(のりりん)

◎今週の一句・産まれたか何言ってるの台風よ(名人・鵜野森マコピイ)
◯2席・脆いもの夫婦の仲と電化都市(ペンギン)
◯3席・勤め人見えない糸で縛られる(名人・キジバト交通)

【お知らせ】

6月下旬から編集作業を行ってきた
毎日新聞「仲畑流万能川柳ファンブック」104号(9月号)、
ついに刊行しました!!あざやかなオレンジ色の憎いやつです!!

72-6.jpg

さきほど、あさひろさんとメン子ちゃんにも差し上げましたが、
この9月号は、5月に行われた、第24回仲畑流万能川柳・強運者の集いの特集号です!!
あさひろさんのお写真も出ていますし、メン子ちゃんの句も載っています。
その他、ラジ川で有名な方々の写真や句がたくさん載っています!!
ヒットメーカ対談や万柳道場、「お便りコーナー」などなど、
読むだけで川柳がうまくなる連載が山盛り。
毎日新聞「仲畑流ファンブック104号」ぜひ、よろしくお願いいたします!!

 【放送後記】
台風15号の傷跡が残る木漏れ日の森。
これからが本当の台風シーズンですね。
皆さん、気を引き締めて乗り越えましょう!! 
 
72-7.jpg
      (タケシ拝)
=======================================
71-9.jpg
  水野タケシ(みずの・たけし)
1965年生まれ。コピーライター、川柳家。東京都出身。
著書に「水野タケシ三〇〇選」(毎日新聞東京センター)、
「いちばんやさしい!楽しい!シルバー川柳入門」(河出書房新社)、
「これから始める俳句・川柳いちばんやさしい入門書」(神野紗希さんとの共著、池田書店)。


nice!(1)  コメント(2) 

nice! 1

コメント 2

平谷妙子

台風シーズンです、気を引き締めて。
また、笑いました。

こんな時だから会う人と人(名人・マルコ)
の一席の句に、タケシ師匠の日韓も忌憚なく、酒でも交わせば、うまくいくのにとの言葉が心に残ります。
トランプさんとも、うまく、いくんですからねえ。
腹割って、話せば。(これを通訳するのは、青ざめる!)

秋も近く、メン子さん、美しくなりましたね!

二回目の一席、鵜野森マコピィさん、おちゃめな表情とは別に、能面を彫る趣味もお持ちと聞いております。
いろんなお顔をお持ちなんですね!

みなさまが皿を叩いて、チャンチキおけさではありませんが、才能を開花させ、笑い溢れる世界になりたいものです。
by 平谷妙子 (2019-09-16 14:15) 

水野タケシ

平谷さん、いつもメッセージありがとうございます!!

句会をやって、徹夜でカラオケを歌って(がなって)……、

なんて、やってたら、珍しく鼻かぜ気味……。

連休も明けたので、今日はのんびり銀座で、映画を楽しんできます。

フランス映画。
by 水野タケシ (2019-09-17 06:11) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。