So-net無料ブログ作成

祖道傳東Ⅱ №1 [文芸美術の森]

第一図 釈迦誕生         

     画  傅 益瑤・文  曹洞宗大本山永平寺

祖道傳東1.jpg

《紙本墨画彩色》 90×125cm 軸装


 仏教の開祖、釈尊はおよそ世紀前四六三年にインド北部、今のネパール領ルンビニーの花園に誕生されました。
 父は釈迦族の一人の王、浄飯王で、母はその妃マーヤー夫人と伝えられています。マーヤー夫人は出産のため里に帰る途中、ルンビニーの花園に立ち寄って憩われ、にわかに産気づいて出産されました。伝説によりますと、生後すぐに独り立ちして七歩歩き、右手を天に向けて指し、左手は地に向けて指され、「天上天下唯我独尊(てんじょうてんげゆいがどくそん)」と宣言されたといわれます。
 生母のマーヤーは釈迦の誕生後まもなく亡くなり、母の妹マハープラジャパティーの手によって育てられたと言われています。
 幼少のころから何一つ不自由ない恵まれた環境の中で、あらゆる学問と技術を習得しながら成長し、多くの召使たちにかしずかれながら大事に育てられたといいます。

道元禅師750年遠忌『祖道傳東』大本山永平寺

nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。