So-net無料ブログ作成

草木塔 №47 [ことだま五七五]

千人風呂 

               俳人  種田山頭火

 重荷を負うてめくらである

 つくつくぼうしあまりにちかくつくつくぼうし

 柿の木のむかうから月が柿の木のうへ

 寝床へ日がさす柿の葉や萱の穂や

 何か足らないものがある落葉する

『草木塔』青空文庫

nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。