So-net無料ブログ作成

BS-TBS番組情報 №185 [雑木林の四季]

BS-TBS 2019年5月のおすすめ番組(上)

                BS-TBS広報宣伝部

諸説あり!邪馬台国SP 中国で新発見!古代 ミステリー

185諸説あり!邪馬台国.jpg

5月10日(金)よる9:00~10:54

☆森羅万象に諸説あり!諸説の裏に新たな真実あり!
中国大探索3000km 邪馬台国の本当の場所は“ここだ!”

出演:堀尾正明 吉川美代子
ゲスト:夢枕獏(作家)
ナレーター:鈴木省吾

3世紀頃、日本に存在したとされる古代国家、「邪馬台国」。邪馬台国の所在地に関する学説は主に2つある。
畿内地方にあるとする邪馬台国畿内説。九州地方にあるとする邪馬台国九州説。

2018年5月、この邪馬台国論争に終止符を打つかのようなビッグニュースが飛び込んできた。2009年から始まった発掘調査以来、最有力候補地といわれる奈良県桜井市、纏向遺跡。ここからから出土した桃の種の年代測定を行ったところ、卑弥呼が活動した時代と重なり合うことが判明したのだ。桃は古代中国では邪気を祓う不老長寿の果物とされ、古事記の神話にも霊力を持った果物として登場する。かつてこの地で、卑弥呼が桃を用いて、何らかの呪術や儀式を行っていた可能性があるという。
さらに、三重県では卑弥呼の時代に採掘されたであろう辰砂(水銀の鉱石鉱物)の痕跡が見つかった。水銀は当時貴重なもので(中国に仙薬として献上したり、赤色顔料として使ったり)、辰砂が豊富にとれる場所=国の中心があった証だと考えられるのだ。果たして、本当に畿内に邪馬台国が存在したのだろうか?

そして、1980年代から発掘が進められ、大規模環濠集落や巴形銅器鋳型が出土し、一躍日本中の注目を集めた九州・吉野ヶ里。深さ4.5㍍、幅7㍍の巨大な濠。300ヘクタールの遺跡は、周囲に堀をめぐらせた集落となっている。守らなければならない重要な人物が暮らしていた証拠ともいえるのではないだろうか。さらに今年になって、吉野ヶ里遺跡から出土された石器が、「すずり」だと判明した。弥生時代に文字が使用されていた可能性が高いのだ。吉野ヶ里遺跡では、銅鏡や銅銭など中国大陸や朝鮮半島系の遺物が出土していることから、有明海を通じた対外交流が行われていたことを裏付ける貴重な発見であり、この場所に邪馬台国があった証だという。

今回の諸説あり!邪馬台国スペシャルでは、この二つの土地を、堀尾・吉川の両キャスターが現地取材。さらに番組では、「邪馬台国」の存在を唯一記した中国の書「魏志倭人伝」を読み解くため中国へ。これまでの日本国内での研究とはまるで違う視点で、邪馬台国がどこにあったのかを導き出した。
果たして邪馬台国はどこにあったのか。

世界リレー2019 横浜

185世界リレー2019.jpg

5月11日(土)よる7:00~8:50

☆リレー世界一決定戦「世界リレー」 国の威信をかけ、トップスプリンターたちがバトンをつなぐ!

5月11日(土)・12(日)の2日間で開催される、リレー種目の世界一を決める国際競技会「IAAF 世界リレー2019」。今年9月に行われる「世界陸上ドーハ」や、2020年東京オリンピックのメダル候補のスプリンターが横浜に集結し、国の威信をかけてバトンをつなぐ!

今大会の4×100mリレー、4×400mリレー、そして男女混合4×400mリレーで10位以内に入った国に「世界陸上ドーハ」への出場権が与えられる。さらに「世界陸上ドーハ」で8位以内に入った国は2020年東京オリンピックの出場権が得られるだけに、白熱したスプリントが繰り広げられる。

日本は男子4×100mリレーで2016年リオオリンピック銀メダル、2017年「世界陸上ロンドン」銅メダルを獲得。いよいよ狙うは世界の頂点だ。今大会で男子4×100mを走るチームJAPANには、山縣亮太、飯塚翔太、桐生祥秀、ケンブリッジ飛鳥のリオオリンピック銀メダルカルテットをはじめ、「世界陸上ロンドン」男子200m最年少ファイナリストのサニブラウン・ハキームや、2018年「アジア大会ジャカルタ」男子200m金メダリストの小池祐貴、「世界陸上ロンドン」日本代表の多田修平など、誰が選ばれても“史上最速”のメンバーとなることは間違いない。

BS-TBSでは、初日11日(土)よる7時~8時50分で4種目を生中継する。
16年ぶりの世界陸上ファイナリストを狙う男子4×400mリレー。日本陸上競技連盟が特別強化プロジェクトを立ち上げ、世界陸上出場を目指す女子4×100mリレー・4×400mリレー。東京五輪から正式種目となる混合4×400mリレー。そして世界リレーならではの種目である2×2×400mリレー決勝を放送。

今年の「世界陸上ドーハ」、2020年東京オリンピックに向け、チームJAPANの挑戦は『世界リレー2019横浜』から始まる!乞うご期待!!

【放送日程】
5月11日(土)よる7:00~8:50(BS-TBS)/よる8:50~9:54 (TBS系列地上波)
5月12日(日)よる6:30~9:00(TBS系列地上波)
TVerで無料同時配信

おじさん くた美れ旅

185おじさんくた美れ旅_03.jpg

毎週(水)よる10:00~10:54

★古いのになぜか新しく感じる…日本全国の"くた美れ"スポットを、おじさんが旅する。

出演:酒井敏也(5月1日)/上島竜兵(5月15日)
ナレーション:飯尾和樹(ずん)

ちょっと疲れたおじさんが向かう旅は、古いのに、何故か新しく感じる!
それが… “くた美れ”スポット。
毎回ひとりのおじさんタレント・俳優が、日本全国の癒しスポットを“くた美れ”スポットとして紹介!
温泉宿、観光地、定食屋、飲み屋など、昔懐かしい場所を巡り、おじさんが視聴者の心と体の疲れを癒します。

■5月1日(水)
「山梨県石和温泉」
旅おじさん:酒井敏也(俳優)
日本の原風景を残す、ひなびた場所。すなわち“くた美れスポット”を巡っていく旅番組。今回は、俳優・酒井敏也さんが山梨県石和温泉へ。
石和温泉は、大菩薩連峰や南アルプス、富士山などに囲まれた美しい湯の町。アクセスの良さから、最盛期には100軒を超える宿や旅館がありましたが、今は40軒ほどに減少。レトロな温泉街として年配の方々に支持されています。
通りを散策していると、レトロな自動車を発見!閉館してしまった映画館「テアトル石和」では、オーナーさんに中に入れて頂きました。駄菓子屋さんにも立ち寄り。街歩きに疲れたら銭湯へ。山中湖から見た富士山を描いたという壁画が素敵です。熱いお湯に浸かって、心も体もリラックス~。

■5月8日
※特別編成のため休止

■5月15日(水)
「栃木県鬼怒川」
旅おじさん:上島竜兵

今回の旅人は、ダチョウ倶楽部の上島竜兵さん。
旅先は栃木県鬼怒川。雄大な渓谷美に彩られた関東有数の温泉街。今では落ち着いた親しみやすい温泉街として知られているが、その歴史は古く、江戸時代には日光詣の僧侶や大名のみが入ることを許されたという由緒正しき温泉だという。
上島さんの鬼怒川散策は「くろがね橋」からスタート。「鬼怒川六橋」のひとつで、大正時代に架橋された鬼怒川温泉で最も古い橋。鬼怒川温泉駅近くでみつけたのは、創業59年、地元の人たちに愛され続けている焼きそばとお好み焼きのお店。焼きあげるのに40分かかるというお店の名物メニューを頂きます。レトロなフォルムの「鬼怒川ロープウェイ」に乗った上島さん。標高700メートルの山頂には鬼怒川を一望できる絶景が!そして「おさるの山」も発見。元気に遊びまわる数十匹のお猿さん。餌もあげられます。最後はやっぱり温泉。地元の方に紹介してもらった温泉に浸かって、はぁ~のんびり。鬼怒川の「くた美れスポット」を巡り、心も体も癒された上島さんでした。
※変更の場合あり


nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。