So-net無料ブログ作成

BS-TBS番組情報 №177 [雑木林の四季]

BS-TBS 2019年1月のおすすめ番組(上)

                BS-TBS広報宣伝部

夢の鍵 めざせ2020!世界に誇るニッポンの技術

夢の鍵SP_2.jpg

2019年1月5日(土)よる7:00~8:54

☆日本のお家芸“ものづくり”に情熱を傾ける人々を主人公に描くドキュメンタリー「夢の鍵」の2時間スペシャル!

ナビゲーター:賀来賢人、大谷亮平

日本のお家芸“ものづくり”に情熱を傾ける人々を主人公に描いて来たドキュメンタリー番組「夢の鍵」の2時間スペシャル版。
今回のテーマは、東京五輪が開催される「2020年に向けて実用化が期待される日本発の最新技術やシステム」。
2020年のニッポンに、どんな未来が待っているのか?熱い志をもってそれぞれの道を切り開く人たちに焦点を当てることで、「ものづくり」を未来へ引き継ぐ人たちを応援する。

■「侵入者を認識し自動追尾するセキュリティ・ドローン」
2020年の東京五輪で懸念されているのが、人手不足が確実視される警備問題。そこで、現在開発が進められているのが、自律型のドローンを活用した空からの警備システム。侵入者を感知したら即時に飛び立ってレーザーセンサーで追跡し、高性能カメラで顔や車のナンバープレートを撮影して監視センターに送信し、光と音で侵入者に警告するという優れもの。

■「体操競技の採点に革命!東京五輪に向けた自動採点システム」
年々高度になっている体操のワザ。採点規則集も複雑になり過ぎ、ベテラン審判でも正確な判定は難しいという。そこで、3Dレーザーセンサーで選手の動きを読み取り、瞬時に自動採点する画期的なシステムが開発されている!毎秒200万点のレーザーと骨格認識技術を組み合わせ、正確かつ素早い測定が可能となったが、その先に最大の試練が待っていた…!

この他にも2019年の新春、にふさわしく、元気と誇りを与える内容をお届けする。

皇居千二百年物語 平安から平成、そして新元号へ

177皇居千二百年物語.jpg

2019年1月11日(金)よる9:00~10:54

☆「世紀のご成婚」が4K映像で甦る!皇居と皇室の歴史を紐解くスペシャル番組。

司会:安住紳一郎(TBSアナウンサー)
アシスタント:上村彩子(TBSアナウンサー)
ゲスト:磯田道史(歴史学者)、小山泰生(NPO法人子ども環境文化研究所理事長)

平成がもうすぐ幕を閉じようとしている。
2019年4月30日、天皇陛下が退位され、翌5月1日、皇太子様に皇位が継承されると、時代は平成から、新しい元号へと変わる。
また、東京都千代田区の「皇居」に天皇皇后両陛下が暮らすようになり150年が経った。
番組では、平安遷都(794年)、応仁の乱(1467年)、明治維新(1868年)、そして世紀のご成婚(1959年)。この、皇室をめぐる4つの歴史的出来事を縦軸として、平安時代から平成まで、皇居と皇室の歴史を紐解いていく。
ゲストは歴史学者の磯田道史氏。皇太子様のご学友、小山泰生さんもお迎えする。
▼「世紀のご成婚」が4K映像で60年ぶりに甦る!
1959年に行われた、当時の皇太子殿下と正田美智子さんのご成婚。その1日を記録した映画を4Kリマスター。世紀のご成婚、そしてパレードが60年ぶりに美しい映像で甦る。
▼1000年にわたり天皇が暮らした「京都御所」を4K映像で!
即位の儀式など重要な行事が行われていた「紫宸殿」(ししんでん)、即位の時だけ使用する玉座「高御座」(たかみくら)など、日本で数少ない平安様式が残されている雅な空間を4K映像で撮影。
▼都を京都から東京へ── 皇居誕生の知られざるエピソード
昨年150年を迎えた明治維新を機に新たな都「東京」が誕生。さらに15歳の明治天皇を東京までお連れする「東京行幸」が行われた。遷都や皇居誕生をめぐる歴史を磯田道史が解説!
▼TBS蔵出し映像でつづる、皇后・美智子様の半生
テニスコートの恋、伝説の「8分間の会見」など、TBS60年の秘蔵映像で皇后・美智子様の半生を振り返る。

秘蔵映像!美空ひばり ハワイ移民と歌声の絆

2019年1月12日(土)午後7:00~8:54

☆ひばりのヒット曲満載のフィルムコンサートをはじめ、細川たかし、市川由紀乃、クリスタル・ケイらがひばりの歌を歌い継ぐライブの模様をお伝えする。

出演:細川たかし、市川由紀乃、クリスタル・ケイ ほか

戦後日本を歌と映画で彩った不世出のスター、美空ひばり。
そのひばりと、日系移民の間には強い絆が存在していた。

2018年、ハワイ日系移民150周年の節目を記念して、ひばりのフィルムコンサートとひばりの後輩たちによるイベント『ハワイ日系移民150周年記念 美空ひばり音楽祭』が催された。
昭和24年「悲しき口笛」で映画初主演を果たしたひばりは、戦争で生き別れとなった兄を捜す少女の役を演じ、その主題歌とともに天才少女として注目される。そんな中、アメリカ軍ハワイ第100歩兵大隊の記念館建設基金募金のチャリティーコンサートの依頼を受け、昭和25年5月に行われた公演はどこも超満員に。追加公演も含めて12ステージに立ったひばりの公演を見た当時の人々はどんな思いを抱いたのか?そして、ひばりが日系移民社会に果たした役割とは?
ハワイ日系移民と第100歩兵大隊の歴史を交えながら当時の関係者に取材を敢行。
さらに、今年行われた「ハワイ日系移民150周年記念 美空ひばり音楽祭」も紹介。
ひばりのヒット曲満載のフィルムコンサートをはじめ、細川たかし、市川由紀乃、クリスタル・ケイらがひばりの歌を歌い継ぐライブの模様を余すところなくお伝えする。
【曲目】♪星の流れに ♪悲しき口笛 ♪東京キッド ♪憧れのハワイ航路 ♪リンゴ追分 ♪お祭りマンボ 港町十三番地 ♪柔 ♪愛燦燦 ♪川の流れのように ほか

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。